03.03.2015 05:14 - in: チーム S

      Marchisio: “Unable to put the game to bed”

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      29才のミッドフィールダーは、ローマでの今晩の結果に関して話します。「私たちは、ローマのホームで重要な結果を残しましたが、引き分けてしまった事が残念です。」

      クラウディオ・マルキジオは、ユベントスがポジティブな結果でイタリアの首都から戻る事を称賛したが、スタディオ・オリンピコで10人のローマに1-1で引き分け、勝ち点2点を失った事が最終的に不満と言います。

      今夜の試合の結果2位との勝ち点差は9点と残ったので、29才のミッドフィールダーは、ユベントスの中盤に大きな変化を入れました。

      SKYイタリアに話しました。
      「私たちは、ローマのホームで重要な結果を残しました。
      まだ勝ち点9点差のアドバンテージがありますが、セリエA2位のホームで勝利する事は、簡単でありません。
      ですが、引き分けてしまった事が残念です。
      私たちは、試合直後良いパフォーマンスで、試合を動かすことができました。
      数的有利があり、チャンスを作りましたが追加点を奪う事が出来ませんでした。」

      出場停止のアンドレア・ピルロに代わり出場したマルキジオは、ユベントスのバックラインの前の司令塔の位置でプレーしましたが、2人が比較について答えました。

      マルキジオは断定します。
      「2人の完全に異なる選手を比較することはできません。
      私たちは、アンドレアが何をするかについてわかっています。
      個人的な話しですが、私はプレーを楽しむための重要な成長を経験しました。そして私が備えている質でチームに貢献できるようにします。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK