19.03.2015 17:13 - in: チーム S

    Marotta heaps praise on Allegri and players

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ユベントスがボルシア・ドルトムントに非常に印象的な試合ででチャンピオンズ・リーグ準々決勝へ突破しユベントスのCEOはメディアに話しました。

    ユベントスが3-0でドイツでボルシア・ドルトムントを破った後マロッタは「私は、ここで監督を称賛したかった」と最初に言葉をかけました。

    「彼はクラブに加わりチームを前進させ続けることに成功しました。
    我々はイタリアのリーグのトップです、そして今シーズンの鍵となるマイルストーンでああるチャンピオンズ・リーグの次のラウンドへ突破しています。
    ですので、私は監督と選手達がこの試合を乗り切った事を賞賛したいです。」

    マロッタは、金曜日のニヨンでの準々決勝の抽選に出席しません。
    「パベル・ネドベドが行きます。彼は、抽選の運があります、」と、CEOは説明しました。

    ポルトかモナコとの対戦が幸運か聞かれて、CEOは答えました。
    「この大会のに出場するチームとの対戦は、全て厳しいです。
    ランダムな抽選ですから、運の要素も伴います。」

    前年のチャンピオンズリーグと比較して、ユベントスがどれくらい異なるかについて話します。

    「私が今夜見たチームは、どのように試合に臨むか正確にわかっていました。
    ユベントス、2シーズン前から成熟しました。
    彼らは一緒に成長し、それが今日分かりました。」

    ユベントスは、どこへ向かいますか?
    「我々は自信を持たなければならなくて、楽観的に前を見なければなりません。
    遠くまで来て、さらに行こうと思います。
    抽選で運良ければ、私は勝ち続けることができると確信しています。
    この試合の結果に満足していますし、ここで立ち止まりたくありません。
    そういった高い目標を持ち続けるユベントスのDNAだと思います。

    この新しいアニェリ時代は、再び然るべきステージへ登るのを見ました。
    ユーヴェの歴史と伝統の評判を戻しました。」

    最後に、マロッタは今シーズンのユベントスの目標を話しました。
    「我々はまだリーグを優勝した訳ではなく、コッパ・イタリア準決勝のセカンド・レグをプレーしなければいけない事を忘れないでください。
    我々は、準決勝を突破することができると思っています。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK