14.05.2015 12:34 - in: チーム S

      Marotta: "We stood firm and made history"

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      ユベントスのCEOは、ベルナベウでの試合終了の笛後で大きな満足感を示しました。

      ユベントスのCEOジュゼッペ・マロッタ氏は、ユーヴェが前回チャンピオンのレアル・マドリードに対し合計3-2で勝利し決勝戦へ進出した事を喜びました。
      「タフな引き分けから、フットボールにおいて勝つのは必ず一番強いチームである訳ではない事を示しました。しも最も強いチームであるというわけではないことを示しました。
      簡単に言えば、我々はしっかりと立ち歴史を作りました。」

      マロッタ氏は、チーム賞賛します。
      「我々は大きく自分達の良さを示し、しっかり守備出来る事を示しました。1-1の同点になった時に、私は残り時間を調べる為に腕時計をチェックし続けました。
      レアル・マドリードの様に強いチームがゴールを奪うかもしれないと心配していました。」

      しかし、マドリードはゴールを奪う事が出来ませんでした。
      敬意は、ビッグ・チームと、間違えなく偉大な監督へ向かいます。
      「監督は集点を定めました。彼はディフェンシブだが、ビルドアップの出来るチームを維持しましたし。
      2、3回チャンスもありました。」

      マロッタ氏は、この試合の結果が優れたユベントスの今シーズンでの最高点だと言います。
      「イタリアでだけではなく、我々は脚光を浴びます。
      素晴らしい意志と堅実な投資の影響で関係する全員に経緯を表し、トップに立ちます。」

      堅実な投資は、きっと同点弾を入れたアルバロ・モラタの事です。
      「アルバロは、モラタは我々のトッププレーヤーです。
      若く大きな将来があります。
      我々は彼がユーヴェに居て欲しいと思っています。」

      そして、ベルリンへ。
      「ベルリンの前に、我々はコッパ・イタリア決勝があり、それが非常に重要だと思います。
      その後バルセロナと対決です。勝つのは、必ずしも最も強いチームでありません。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK