14.04.2015 05:03 - in: チーム S

      Monaco duo out to defy the odds in Turin

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      レオナルド・ジャルディム監督とアンドレア・ラッギは、明日の夜のチャンピオンズ・リーグ、ユベントス戦を恐れていはいません。

      モナコのレオナルド・ジャルディム監督とアンドレア・ラッギは、今シーズンのチャンピオンズ・リーグでのユベントスとの対戦が「最大の尊敬」に値すると言います。

      強いディフェンスと素早い前線のカウンターにより、モナコはアーセナルにベスト16で勝利し、沢山の賞賛を得ました。

      そして、ジャルディム監督は選手達げ明日の夜、今度はイタリアのチャンピオン、ユベントスへ動揺を与える事を目指すように指示しています。

      トリノでの試合前会見でジャルディム監督は話します。
      「我々のチームは、準々決勝で戦うに値します。
      グループリーグのトップに立ち、アーセナルを負かしたリスペクトされるべきチームです。
      ユベントスは経験と上質なサッカーをします。
      明日、我々のクオリティを表現し、リスペクトされるべきレベルを示します。」   

      カルロス・テベスの脅威についての質問にジャルディム監督は賞賛で答えましたが、明日、選手達がテベスと戦うという事だけど心配ではないと言います。

      「テベスは、経験と技術を備えているセリエAの最高のスコアラーです。
      彼を止めるために正しく対処する必要があります。
      ユベントスには偉大なゴールキーパー、優れたディフェンス、最高の中盤、そして立派なストライカーがいます。

      我々は、全員組織的にプレーします。
      全員でオフェンスもディフェンスもプレーします。
      そういった感覚で、ボールを奪いプレーするというのはユベントスと似ています。」


      記者会見の間の監督と並んでアンドレア・ラッギが出席しました。
      ラッギはセリエA勝者に対し恐れずプレーする事が重要だと説明します。

      「私たちは偶然で準々決勝にいるわけではない、明日良いプレーをするだろう。
      モナコは準々決勝で戦うに値すし、リスペクトされるべきです。
      全員で戦う事が私たちの力です。
      冷静なマインドでプレーする必要があり、ユーヴェの方がプレッシャーが大きいはずで、それが私たちのアドバンテージになります。」

      3年前にボローニャでプレーしイタリアからフランスへ移籍したラッギは、エンポリ時代にチーム名とだった、クラウディオ・マルキジオの成長を賞賛し、テベスの危険性についても話します。

      「マルキジオは、トップ・プレーヤーです。
      私はエンポリで彼とプレーし、彼がトップ・プレーヤーになるだろうと思っていました。
      彼の活躍が私が正しいということを証明しました。
      テベスは偉大なストライカーで、今シーズンのユベントスの他のチームとの差を生みました。
      我々は、最初から最後までテベスを注意する必要があります。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK