18.05.2015 14:44 - in: チーム S

    Morata backs Bianconeri to do the business in Rome

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ミラノでのインテル戦で決勝点を挙げたモラタは、水曜日のコッパ・イタリア決勝ラツィオ戦を警告の累積で欠場するが、カップ戦を20年ぶりに制すると確信しています。

    水曜日のスタディオ・オリンピコでのラツィオ戦で、仲間がユベントスに20年振りのコッパ・イタリア優勝を手にすると、アルバロ・モラタは思っています。

    準決勝セカンド・レグ、フィオレンティーナ戦での退場で、セリエAアウェイ、インテル戦で決勝点を挙げたモラタは、首都でのビッグマッチに出場する事ができません。

    モラタが欠場予定も、「全力で戦う」事で今シーズン2個目のトロフィーをユベントスは掲げる事ができると、ミックスゾーンで話しました。
    「出場できないのは残念ですし、プレー出来ない時はいつも幸せではありません。

    しかし、チームメイトがカップ戦を制する為に、全力で戦うだろうと私は確信しています。
    監督が私たちに言うように、今日のチームは、常に勝ちを望んでいるという事を示しました。
    誰がプレーするかは、重要でありません。」

    イタリア・ダービーでインテルに対しユベントスは通算で78回目の勝利を挙げ、この勝利に決定的なゴールを挙げたモラタは、ゴールセレブレーションでサングラスをかけた事を話す前に、このゴールがラッキーであったとモラタは認めました。

    「あのゴールは少しラッキーでしたが、それがフットボールです。
    インテルの先制点も偶然の様でした。
    どこから来たのか解りませんが、サングラスがあって。
    ボヌッチが渡してくれたので、かけました!」

    今シーズンのセリエAで8ゴールを記録した、若きスペイン人は、昨シーズン、レアル・マドリード在籍時にリーガで同じ得点数を記録し、この試合に関してはゴールキーパーの素晴らしいプレー、マルコ・ストラーリへ大きな賞賛を与えました。

    「試合終了後、私は彼を祝福しました。彼は決定的な仕事をしました。
    彼は素晴らしいチームメイトで偉大なゴールキーパー、常にチームのために持っているものを与えます。
    私は、彼のために幸せです。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK