19.03.2015 10:27 - in: チーム S

    Morata: "Playing like that we can beat anyone"

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    モラタは、ドルトムント戦の勝利を振り返ります。「テベスとプレーし夢を叶えます、しかし、この試合は全員素晴らしかった」

    アルバロ・モラタは再び得点し、スコアシートの彼の名前はテベスに挟まれ記載され、この組み合わせはユベントスの大きな了解事項になります。

    カルロス・テベスは、アルバロにとってどチームメイト以上の存在です。
    試合終了後で、モラタは話します。
    「カルロスとプレーする事が夢の実現のチャンスになります。
    子供の時に、私はカルロスのプレーをテレビで見ていました、そして現在、彼は試合で得点を私にアシストしてくれました。」

    おそらく、ここ数ヵ月のモラタの大きな成長は、テベスとプレーしてきたからという所もあります。
    「はい、私はたくさんプレーして来ましたし、試合中のメンタル面で良くなりました。
    それは、ハードワークしたからです。」

    我々の背番号9は前線の2人のゴールはチームの努力によって奪った得点だと思っています。

    「個々の優れた選手で大きなチームになっています、それはカルロスと自分についてだけではありません。
    ユーヴェは、今夜素晴らしかったです。
    これを続けなければなりません。

    厳しい試合でしたが、得点をする事ができた。
    守備では、全員で守備をし守り、ゴールの為に攻撃もしました。
    このようにプレーし続けられれば、相手にとって脅威になります。」

    そして、次の対戦相手、準々決勝の抽選は、金曜日に行われます。
    準々決勝についてモラタは話します。
    「簡単なチームが、などありません。
    最高の8チーム揃っています。
    しかし、私が言ったように、今日の様なプレーを行えば、どのチームでも恐れる必要はありません。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK