06.05.2015 08:44 - in: チーム S

      Morata: “Still all to play for”

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      先制点を挙げたモラタが、チャンピオンズ・リーグ準決勝ファーストレグ2-1で勝利したレアル・マドリード戦について話します。

      次週水曜日にサンティアゴ・ベルナベウでのレアル・マドリードとの再戦でユベントスが気を緩めてはいけないとアルバロ・モラタは話します。
      また、昨年のチャンピオンズ・リーグ勝者はセカンド・レグで更に「恐るべき」チームであると、前所属チームから先制点を奪ったモラタは思っています。

      ミックスゾーンでモラタは話しました。
      「まだ、総得点が0-0という風に考える必要があります。
      ビッグ・マッチで勝ちましたが、決勝へ行くには2試合で完璧な試合をする必要があります。

      レアル・マドリードがどんなチームでか解っています。
      世界で最高のチームですから、ホームでの試合よりも良い試合をしなければいけません。

      ここで立ち止まらないことが重要で、一生懸命にプレーし続ける必要があり、できるだけ点を取らなくてはいけない。
      皆今夜の我々の勝利に幸せを感じていますが、まだ終わってはいないと考えなければいけません。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK