29.06.2015 10:58 - in: チーム S

      Nerazzurri dispatched, domestic double secured!

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      イタリア・ダービーで最大のライバル、インテル・ミラノに2-1で逆転勝利し、その4日後にラツィオとの10回目のコッパ・イタリア優勝をかける戦いを行ないました。

      チャンピオンズ・リーグ決勝を決めたレアル・マドリードとの戦いの3日後、ユベントスは5月中旬にインテルとのアウェイ戦で国内の試合に戻りイタリア・ダービーを戦いました。

      9分にマルセロ・ブロゾビッチの強いシュートからマウロ・イカルディがマルコ・ストラーリからゴールを奪いインテルはヨーロッパ・リーグ出場の為の勝利へリードを奪います。

      しかし、マッシミリアーノ・アッレグリ監督の選手を大幅に変更したチームは、ハーフタイム前にアレッサンドロ・マトリがネマニャ・ヴィディッチにエリア内で倒されPKをゲットすると、クラウディオ・マルキジオが決めて同点に追いつきます。

      そして試合終了7分前に、アルバロ・モラタがサミール・ハンダノヴィッチのミスから、逆転ゴールを奪いました。

      ユベントスは最後の瞬間ストラーリの2度の英雄的なプレーでイカルディの決定機とロドリゴ・パラシオの左足からのシュートをセーブし失点を守りました。

      そしてもう1つの優勝へ向け、新セリエA王者はこの勝利感を維持し10回目のコッパ・イタリアのトロフィーを上げるため首都でラツィオとの決勝戦へ集中を向けました。

      決勝戦を戦う両チームはシーズンを通し力強く戦っていました、しかしスタディオ・オリンピコで4分にシュテファン・ラドゥがダニーロ・カタルディのフリーキックを頭で合わせてラツィオが先制。

      先制点から5分後にアンドレア・ピルロのセットプレーをパトリス・エヴラが落とし、ジョルジョ・キエッリーニが決めるとアッレグリ監督のチームは1-1と同点に成功します。

      早い時間の2ゴールから次のゴールまで81分待たなければいけませんでした。しかしオフサイドで取り消されたアレッサンドロ・マトリのゴールは別として、試合が進むも明確な決定機が不足していました。

      延長戦でジョルジェビッチの左足のシュートが左右両方のポストを叩くなど、ラツィオが主導権を回復したと思われたが、勝負の運命はユベントスに傾きます。

      この数分後96分にユベントスサポーターは、快感を経験します。

      素早いカウンターからカルロス・テベスのシュートは相手DFに阻まれるも、こぼれ球をマトリが触り逆転に成功しました。

      前線に圧力をかけラツィオは同点を試みますが、ユベントスは、カップ戦20年の疫病神を終わらせ、最もコッパ・イタリアで優勝回数の多いクラブとして歴史に名を刻みました。

      そして選手達は、サポーターの前でトロフィーを掲げ、ロッカールームでシャンパン・コルクを開け直に祝賀が行なわれました。

      sh">#JuveLazio #CoppaItalia pic.twitter.com/4KNP2ogP0e— JuventusFC (@juventusfcjp) 20 Maggio 2015

      国内2冠を達成し、スタイリッシュにセリエAのシーズンを終える時です!

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK