01.05.2015 09:37 - in: チーム S

      Official statements

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      スポーツ裁判による判決に関するクラブ声明

      ユベントス・フットボールクラブは、2015年4月26日日曜日についての記述を公的に宣言されるように、クラブはサッカー場内外での暴力行為への非難を再確認します。

      しかしクラブは、スポーツ裁判の大きな矛盾の注意を引きたいと思っています。

      トリノのスタディオ・オリンピコの保安対策とCCTVシステムは、警察が犯罪行為と犯人を特定する事を可能にしていません。
      起きてしまった不合理な状況が繰り返さない為に全てのスポーツ施設へ最高基準の監視システムを設置する必要のある問題を提案します。すなわち、実際の加害者が存在しない場合に、拘束されている当事者が客観的に責任があるとことを過度に処罰されます。

      スポーツ裁判の声明は、FIGCの検察官のためにスポーツイベントの国立監視所によるレポートに言及します。
      後述されたレポートでは、装置が「アウェイサポーターエリアの上部から投げ込まれていた」と述べたが、
      2行後には、スポーツ裁判官曰く「全ての合理的な疑いの向うに」と言いました。
      これは、明らかに両立していません。

      ユベントス・スタジアムのホームサポータースタンドには通常およそ9,800人収容していますが、トリノのスタディオ・オリンピコのアウェイサポーターエリアには1,400人のユベントス・サポーターがいました。
      本当の犯人を特定する事は不可能ですし、無差別に観客が罰されます。

      他に起きた事として、実際に問題になっているトリノvユベントス試合と同様の状況で、違う制裁になっています。

      犯人は、不明のままで、知られている犯罪は制裁を受けません。
      ユベントスは、ユベントス・スタジアムが認可される、必要な当局に従う防止と、さらに重要な抑制に関しスタジアムの安全な環境を作りました。

      したがって、ユベントス・フットボールクラブはこの判定に対し訴えを申し出ますが、耐えられない、非難行為の犯人を特定するために完全に全ての州でスポーツ当局と協力し続け、スポーツ法律の限界で犯罪を罰されなければなりません。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK