25.06.2015 05:54 - in: チーム S

    One foot in the UCL semi-finals

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    4月のユベントスはパルマ戦の敗北から立ち直り、チャンピオンズ・リーグ、ベスト8ファースト・レグでASモナコに対しアドバンテージを得ます。

    4月11日土曜日の夕方の、エンニオ・タルディーニでのパルマ戦、ホセ・マウリの後半の衝撃的なゴールで1-0でユベントスはこのシーズン2敗目を喫しました。

    勇ましいパルマと戦った90分間、ユベントスはリズムをキープする事に苦労し、異例の静かな夜となりました。

    スコアレスとなった前半を折り返し、後半60分にマルコ・ストラーリがセーブできる可能性が殆どなかったマウリの素晴らしいシュートでパルマはこの試合で先制しました。

    マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、攻撃的なアルバロ・モラタ、シモーネ・ペペとマッティア・ヴィターレ投入し同点を狙うも、パルマの守備にフィニッシュまで行けませんでした。

    その後メディアにストラーリはこの結果を分析しコメントしました
    「私達は今夜、何か間違っていました。私達はあらゆる点で良くないパフォーマンスでした。
    しっかり準備して、勝ち点3を得てリーグを進撃し続けたかったので、残念な結果です。

    リーグは数字上でもまだ終わっていませんから、私達はまだ油断しないようにする必要があります。
    明日、気合いを入れ直し、火曜日の試合にハングリーに備えます。
    私達は負けや、良くないプレーになれていないので、今日起こったことに動揺しています。」

    3日後に、ユベントス・スタジアムでASモナコとチャンピオンズ・リーグ準々決勝ファースト・レグに勝利しアドバンテージを得る事で、ユベントスはパルマ戦の失望を記憶の彼方へ追いやりました。

    トリノの素晴らしいムードの前で積極的な対戦となり、両リームチャンスを迎えました。しかし、リカルド・カルヴァーリョがアルバロ・モラタへファウルを犯してしまい、PKを得るとアルトゥーロ・ビダルが豪快に決めて60分から少し前にユベントスは先制します。

    ユベントスは復帰直後のアンドレア・ピルロに代わりアンドレア・バルツァッリを投入すると、このリードをモナコのプレッシャーに対し守ることを助けました。
    そしてこの結果で次週フランスでプレーする事を意味しました。



    決勝点を挙げたビダルはコメントコメントしました
    「私達はアーセナルに対し良い試合を示したチームと準々決勝を戦っています。
    今日勝つことが全てにおいて重要でした、そして。私達は達成しました。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK