12.04.2015 03:09 - in: チーム S

      Parma prevail at the Tardini

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      60分のホセ・マウリのゴールで、ユベントスの今シーズンセリエA2敗目。

      パルマは今晩のエンニオ・タルディーニで後半のホセ・マウリのゴールで1-0で勝利し、ユベントスは今シーズンリーグ戦で2度目の敗戦になりました。

      アグレッシブなパルマに対し、ユベントスは90分間自分たちのペースで試合を進めるのが難しかったという、異例の試合になりました。

      前半を無得点で折り返すと、60分にパルマはマウリのミドルシュートがユベントスゴールに突き刺さり試合が動きます。

      マッシミリアーノ・アッレグリは、アルバロ・モラタ、シモーネ・ペペ、マッティア・ヴィターレの3人の攻撃的な選手を投入しますが、パルマは1点を守りユベントスのゴールは遠ざかりました。

      ゆっくりとした立ち上がりから、両チーム均衡した試合を行なったが、十分にペースを得る事が出来ませんでした。

      難しい試合の中、20分にロベルト・ペレイラが決定機を迎えますが、低いシュートはアントニオ・ミランテがこれをセーブ。

      この瞬間に試合が流れはじめます。イシャク・ベルフォディルがパルマの得点のチャンスを作ります。エリア内の中心へボールを送り決定機を演出します。

      前半最高の決定機は32分、ミランテにブロックされたアルトゥーロ・ビダルのニアポストへのヘディングシュートと、キングスレー・コマンのシュートはミランテにセーブされました。

      後半立ち上がり、前半の45分と同じ様に進みますが、試合内容のクオリティを上げ状況を打破する必要があり、それが証明されます。

      右サイドでジョルジョ・キエッリーニのクリアー後、ベルフォディルがボールをカットすると、エリアでボールを受けたマウリがシュートするとゴールへ突き刺さり、ユベントスは失点。

      これはアッレグリ監督は素早くベンチを動かします。モラータとペペをを投入し、
      プリマヴェーラを卒業した、その後セリエAデビューとなったヴィターレを投入。

      しかし、ユベントスの攻撃はパルマが守り切り、引き分けにする事もできませんでした。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK