12.03.2015 12:09 - in: チーム S

      Pepe: “Back in business”

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      ペペは、怪我の悪夢を記憶の彼方に追いやった喜びを伝えます。「私は調子が良く他の選手と同じように準備ができています。そして、出番が来る時、私は貢献をします。」

      アッレグリ監督の頷きが与えられた時、出場しチームに貢献し続けたいと、シモーネ・ペペは言います。

      1月中旬エラス・ベローナとのコッパ・イタリアでの対戦で先発メンバーに復帰したウイングのペペは、ファーストチームへ復帰する為、体調をピークに持っていき2年半の怪我の悪夢を記憶の彼方に追いやりました。

      ペペはSky Sportのインタビューで話します。
      「私は8ヵ月トレーニングし、調子が良いです。
      足は怪我の前に戻りつつあります、そして、チームへ貢献する準備もできています。

      全選手がスターティングメンバーに入りたいと思っていて、それはごく普通の事です。しかし、前の試合の様に監督がベンチの選手にも期待しているという事を知っていることが重要です。」  

      先週のコッパ・イタリア、フィオレンティーナ戦でペペはフェルナンド・ジョレンテへ彼のトレードマークである正確なクロス今季最初のアシストを記録しましたが、その後月曜夜のポール・ポグバの決勝点へのアシストも思いがけず記録しました。

      どうやって動き結果を出したかペペは説明しました。
      「私が走った時に逆サイドにテベスがいるのが見えました。
      私はテベスへ繋ぎたかったのですが、ポールが奥でボールを受けました。
      彼がボールを受けた時に、ボールをコントロールするのが非常に難しいと思い、私は彼の前へ走ろうと思いました。
      しかし、彼は見事に驚異的なゴールを決めました。」

      厳しいサッスオーロ戦に勝利しセリエA首位で2位と勝ち点を11点差広げたユベントスは、土曜午後のパレルモ戦でも進撃し続けようとしています。

      9月下旬からホームでの無敗記録を伸ばしている相手との対戦ですが、ペペは危機感を持って臨もうとしています。
      「パレルモは長い間ホームで負けていませんが、私たちはローマとのアドバンテージを広げる為に集中して取り組まなければいけません。」

      ペペは、さらに先の来週水曜日のチャンピオンズ・リーグドルトムント戦も見ています。
      彼は、結果はどちらにも転ぶだろうと思っています。

      「完全に予測のつかない試合になります、なぜならドルトムントは我々のようなオープンゲームをし優れた選手もいます。
      おそらく最も難しいベスト16の対決になると思います。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK