28.02.2015 07:45 - in: チーム S

    Pereyra: “Focused on Roma”

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    アルゼンチン人ミッドフィールダーは、ユーヴェはスタディオ・オリンピコでは油断をしないと主張します。「我々には勝ち点9点のアドバンテージがあるが、気を許すわけがありません。」

    ロベルト・ペレイラは、気を緩めてはスタディオ・オリンピコでローマとの上位直接対決で勝てる訳は無いと主張します。

    ローマに対し勝ち点9点のアドバンテージでも、マッシミリアーノ・アッレグリの選手達は1位、2位直接対決で気を緩めることなく、首都でも勝ち続ける決意が普通の事であるとアルゼンチン人ミッドフィールダーは言います。

    「ローマとの対決は確実タフな試合だと、我々は知っています。
    勝ち点差は9点ありますが、更に差をつけ、集中して試合に臨む必要があり我々は緩むことができません。」

    勝利したチャンピオンズ・リーグ、ボルシア・ドルトムント戦で怪我をしたアンドレア・ピルロに代わり、ペレイラはアッレグリに指名され後半途中に出場しました。
    そして、ユベントスにアドバンテージを与える重要な貢献をし、再びドイツで対戦する3月18日水曜日は、同じ様な結果を出そうとペレイラは思っています。

    「難しい試合でした、なぜならドルトムントは良いサッカーをしていました。しかし我々は、なんとか週の間に取り組んだ練習の結果を出す事ができました。ドルトムントとの再戦で勝利する事を期待します。」

    夏にウディネーゼから移籍したペレイラは、どこでのポジションでも必要とされるなら幸せだと言います。
    「私は、そこまでプレー出来ていると思いませんが、出場すればハードワークしチャンスを掴もうといつも思っています。私はウディネではオフェンシブ・ミッドフィールダーとしてプレーをしましたが、他のポジションでも問題ありません。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK