04.05.2015 16:44 - in: チーム S

      Pirlo: “Juve the real deal”

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      ユベントスが準決勝の2試合、火曜日夜のファースト・レグでヨーロッパのチャンピオンに対し自身を持って戦うひつようがあるとアンドレア・ピルロは言います。

      ユベントスが自信を持ってでレアル・マドリードと火曜日のチャンピオンズ・リーグ準決勝で戦う必要があると、アンドレア・ピルロは言い、刺激的な2試合で前回のヨーロッパのチャンピオンは負ける事が無いと思って居るのを知っています。

      ヴィノーヴォでメディアにマエストロは、カルロ・アンチェロッティのチームへ心して戦う必要があることを認めるが、ヨーロッパでのユベントスの最も大きな挑戦で相手に衝撃を与えなければいけないと思っています。


      レアル戦はどの様に戦いますか?

      「最初の試合が重要で、近年の様に知的に戦う必要があります。
      私たちは注意をしますが、自信を持ちます。なぜなら、実現したい夢があり失う物がありませんし、セカンド・レグへ続いています。」

      ベルナベウの観衆

      「スタジアムで一斉に拍手を浴びるのは、素晴らしい感じです。
      我々は、感覚をこの週でも感じられればと思います。」

      アンチェロッティ?

      「彼は、私にとって父の様な存在です。
      私達は、長年一緒に働き、彼はトップレベルのサッカーで私にチャンスを与えてくれて私のポジションを変えました。
      私達は沢山一緒にに勝ち忘れられない時をを経験しました。」

      なぜユーヴェ?

      「私は、全てに勝った同じチームと共に、10年後に新しい挑戦と刺激を必要としていました。
      私は自分がしたいと思っていた事をユーヴェに見つけました。」

      アッレグリ

      「私はミラン離れた事を選んだのは、そこで私の時間が終わったからです。
      書かれたことに反して、私と彼に少しの問題もこれまで抱えていません。
      実際、怪我をするまで私はチームにいました。」

      最大の賛辞?

      「私は賛辞を聞きませんし、私は彼らを覚えていません。
      私がトレーニングをしたいと思い、プレーを良い形でし続けたいと望んでいます。
      これがもう何も起こらない時に、辞める時です
      イタリア最大のクラブでプレーして、後悔しなかった私は幸運です。」

      モラタ

      「最初の6ヵ月は厳しかったが、スペイン人はイタリアのサッカーに適応するのが難しいが彼は適用し、ゴールを挙げ始めました。
      彼は旧友や元チームメイトとの対戦に興奮していますが、それはピッチ上では完全に異なるものです。」

      レアル・マドリードのピルロ

      「私は、2006年にカペッロと加わる寸前でした。
      殆ど決まりかかっていていたが、私はミランとの再契約をしました。
      その年チャンピオンズ・リーグを獲得したので、私は後悔していないと言えます。」

      テベスの重要性

      「テベスは偉大な選手ですし、それは私達がここで発見した事ではありません。
      私達は彼とレアルに対しての将来私達の助けに十分で、私達は幸運です。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK