06.05.2015 07:12 - in: チーム S

    Pirlo urges focus for second leg

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    マエストロは、トリノでの2-1で勝利したチャンピオンズ・リーグ準決勝ファーストレグを振り返ります。「あと1試合あります。まだ何も決まっていません。」

    8日後のセカンド・レグへスペインに向かう時、2-1で勝利したレアル・マドリード戦と同じ焦点を持ち続けるように、アンドレア・ピルロはユベントスへ求めました。

    トリノでの準決勝のファースト・レグで、クラウディオ・マルキジオとヨーロッパデビューしたステーファノ・ストゥラーロと攻撃的な中盤を組むピルロは、ユベントスがアドバンテージはあるけども油断してはいけないと主張します。

    リポーターにピッチサイドで話しました。
    「難しい試合でした、そしてセカンド・レグのために完全に集中する必要があります。

    さらにもう1試合あり、まだ何も決まっていません。
    スペインに行って、素晴らしい試合をし、この試合と同じ様な集点を保ちたい。」

    2006年のドイツ・ワールド・カップで優勝したピルロにとって素晴らしい記憶に残る会場でもあるベルリンのオリンピック・スタジアムで今年の決勝は行なわれます。

    そして、ピッチでプレーを楽しむチャンスで、ユベントスが2003年以来の決勝に進出へ向け、まだ戦わ無ければいけないとベテランのミッドフィールダーは話します。

    「もちろん、ベルリンは良い記憶がいっぱいである街ですがセカンド・レグを戦う必要があります。
    私達は、自分たちのパフォーマンスをヨーロッパに伝える事が出来ましたし決勝へ進みたい。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK