10.05.2015 08:13 - in: チーム S

      Pogba strikes comeback goal in draw with Cagliari

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      復帰したポグバは、ハーフタイム前に先制点を挙げるも、カリアリのルカ・ロッセッティーニが試合終了5分前に同点弾を挙げます。

      ルカ・ロッセッティーニが同点ゴールを挙げ、ユベントス・スタジアムでのカリアリ戦は1-1の引き分けになりました。
      しかし前半終了間近ポール・ポグバのゴールはファースト・チーム復帰に強い印象を残しました。

      先週末のサンプドリア戦での勝利で33回目のスクデットを獲得から素晴らしい夏の日光につつまれたユベントス・スタジアムを、サポーターはカーニバルの様な盛り上がりを魅せていました。  

      しかし、そんな祝賀の中、ユベントスは前進を止める事無くハーフタイム前にポール・ポグバのゴールでリードします。

      残留争いをしているカリアリはあきらめる事なく戦いました。
      ヘディングのこぼれ球をロッセッティーニが押し込み、同点に追いつきます。

      開始3分ポグバはフリーキックからミドルシュートを狙う等、ユベントスに積極性を与えます。

      ジエゴ・ファリアスの攻撃はマルコ・ストラーリがセーブし、ポグバは再びチャンスを迎えます。
      ボックス内でアレッサンドロ・マトリへボールを送るもこのチャンスは生かせませんでした。

      ハーフタイムの直前にポグバはシモーネ・パドインからボールを受けエリア外からシュートを放ちこれが先制点に。

      後半ユベントスはリードを保つも、カリアリのフリーキックやヘディングシュートでゴールを脅かされます。
      マルキジオとポグバにかわり、ストゥラーロとデ・チェリエが投入されたあと、コーナキックのこぼれ球をロムロがシュート放つもこれは決まりません。

      カリアリはコーナーからロッセッティーニがヘディングで会わせるもポストを直撃、これを自ら押し込み同点に追いつきます。

      後半から出場したサウが最後に決定機を迎え得るもこれは決まりませんでした。

      そして1-1で試合終了。
      しばらくユベントスはセリエAでの試合を忘れ、現在のユベントスの最もダ重要なビッグマッチへ向えます。
      水曜日の夜にチャンピオンは、ベルナベウでレアル・マドリードとの準決勝を行ないます。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK