15.06.2015 05:39 - in: チーム S

    Raining goals!

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ユベントスはエンポリに2-0で勝利し11月を始めます。そして、国際試合期間前にオリンピアコスとのチャンピオン・リーグで5ゴールの打ち合いを制しパルマ相手に7ゴールを記録しました。

    10月末のセリエAジェノア戦でシーズン最初の敗戦を喫した3日後にエンポリに勝利する事でユベントスは敗戦の失望を記憶の彼方に追いやりました。

    マッシミリアーノ・アッレグリ監督の選手達は、ハーフタイム後アンドレア・ピルロのトレードマークとなるフリーキックでゴールを決め、72分にはアルバロ・モラタが追加点をゴールし2-0で勝利し2位ローマと3点差を広げました。

     

     

    すぐにチャンピオンズ・リーグでの戦いへ戻ります。ギリシャスーパーリーグのオリンピアコスと火曜日にユベントス・スタジアムで対戦しました。

    重要なグループAを勝ち抜ける必要があるユベントスに、ヨーロッパでの戦いで100試合目をなったピルロがフリーキックを見事にゴールします。

     

     

    しかし、オリンピアコスはアルベルト・ボティーアのヘディングでハーフタイム前に同点に追いつき、デルヴィン・エンディンガのヘディングで逆転に成功。
    ユベントスはチャンピオンズ・リーグベスト16進出へ望みを繋ぐため大きな山場となります。

    交代で入ったフェルナンド・ジョレンテがチームに勢いをもたらし、ジョレンテのヘディングがポストに当たりこのボールがロベルトに当たりゴールイン。

    ユベントスが勢いづきトリノは熱気に包まれます。ポール・ポグバのエリア端からのシュートで勝ち越しに成功しホームで勝利、ユベントスはオリンピアコスに並びグループAで2位に着けました。

    セリエAとチャンピオンズ・リーグでの2連勝は、パルマ戦を得て3連勝となりました。1990年代にしばしばユベントスとライバル争いをしたパルマとユベントス・スタジアムでセリエAの対戦となりました。

    10月末に白黒のユニフォームで500試合出以上を達し、ゴールキーパー・ジャンルイジ・ブッフォンは、アンドレア・アニェリ会長から特別な楯を受賞し紹介されました。

    非常に魅力的なユベントスのゴールはフェルナンド・ジョレンテ、カルロス・テベス(#ThingsTevezCouldDribble現象を起こしたゴールを含む)アルバロ・モラタが2ゴールづつシュテファン・リヒトシュタイナーのゴールで7-0でパルマからトリノで勝利しました。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK