28.06.2015 10:54 - in: チーム S

      Real overcome as Juve march on to Berlin

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      マッシミリアーノ・アッレグリ監督の選手達はチャンピオンズ・リーグ決勝進出を確実にするため合計3-2でヨーロッパ・チャンピオンであるレアル・マドリードを破った素晴らしく重要なヨーロッパでの2晩。

      5月2日にサンプドリアに1-0で勝利し33回目のスクデット・タイトルの勝利感を隠し、ユベントスは残りのシーズン2つの目標へ集中できるという贅沢な時をもちました。コッパ・イタリアとチャンピオンズ・リーグです。

      5月5日にユベントス・スタジアムでの準決勝ファースト・レグの為にレアル・マドリードはトリノを訪れます。
      リグリアで優勝を果たした3日後のユベントスのハードルとなりました。

      チャンピオンズ・リーグの刺激的な夜に、アルバロ・モラタとカルロス・テベスの2得点でユベントスは2-1で勝利し、スペインの首都でのセカンド・レグへのアドバンテージを手にしました。

      8分にモラタの先制点でリードを奪うとユベントスは夢へのスタートを切りますしかし、前半中盤を過ぎた頃ゴール至近距離からロナウドが同点弾を叩き込みました。

      後半、両チーム好戦的に戦い主導権を握り合っていたが、56分にテベスがカウンターを仕掛けるとボックス内でダニ・カルバハルがファウルを犯してしまします。

      テベスは中央真っすぐシュートを放ちイケル・カシージャスからゴールを奪います。
      このゴールはヨーロッパの名門クラブである両チームの対戦の決勝点になりました。

      ユベントスはマドリードで油断する事ができないと、試合後メディアにモラタは話しました。
      「私達がここで立ち止まらないことが重要です、私達はハードワークし続ける必要があります。
      誰にとっても今夜の私達の勝利が幸せです、しかし、アドバンテージをひっくりかえされることもあります。」

      8日後、ユベントスはバルセロナとのチャンピオンズ・リーグ決勝の道を開くために重要な戦いをサンチアゴ・ベルナベウで行い、引き分けるためのゴールをモラタが決めることになりました。

      トリノでの1回戦の後、最小のアドバンテージで試合に臨み、クリスティアーノ・ロナウドが23分に先制し、試合の主導権はレアルへ向いていました。

      しかし、夏にマドリードからトリノへやって来たモラタは最終的な決定弾を放ちました。カシージャスから至近距離のゴールを奪い、12年振りのチャンピオンズ・リーグ決勝進出を確実にしました。

      「脅威的ですが、本物です。」と、試合終了の笛後のマッシミリアーノ・アッレグリ監督は微笑みました。
      「選手達は、本当に賞賛に値します。彼らのため、そして、イタリアのフットボールの驚くべき夜です。
      私は、どれだけ素晴らしいシーズンを過ごしているのだろうと理解し始めています。おそらく、予想越えています。」

      監督の信頼についたマロッタ氏はなしたました。アッレグリ監督の戦術が正しい結果を得る鍵であると言いました・
      「監督は、進行中のスポットを得ました。
      彼は一歩下がり守る事ができていたが、ピッチで高くチームを保つ事をできる様にしました。
      選手達には、試合を物にする2、3の可能性さえありました。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK