28.03.2015 08:52 - in: チーム S

      Rubinho on life at Juventus

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      32才のルビーニョは、Jtvの独占インタビューで答えました。「ユベントスはイタリアで一番大きいクラブで、一番多くタイトルを獲得し、選手がそこでプレーしたいと望む多くのものがあります。」

      ブラジル人ゴールキーパー ルビーニョは、ユベントスでの生活についてのインタビューに答えました。

      2012年8月にユベントスに移籍して来た32歳は、ユベントス在籍期間中2つのスクデットとスーパーカップを獲得しました。

      ゴールキーパーとして始まった彼の経歴のからルビーニョは話しました。
      「4才でゴールキーパーを始めてから、ずっと守っています。他のポジションでプレーしたいとこれまで考えた事はありません。

      私はブラジルで、コリンチャンスのサポーターでした、ロナウドという素早くダイナミックな若いゴールキーパーがいて、私は子供の時に彼に憧れていました。現在彼は私の友人です。」

      9年前イタリアきた時に、元ブラジルU20代表選手はジェノアとパレルモ含むクラブでプレーし、ユベントスと契約し夢を掴みました。
      「イタリアに来ることは私にとって重要なステップで、イタリアで数年プレーした後、ユベントスと契約できたのは、賞を手に入れた様でした。

      「イタリアで一番大きいチームで、最も多くのタイトルを獲得、全ての選手が私のポジションを目指します。」

      ルビーニョは、毎日ゴールキーパー仲間のジジ・ブッフォン、マルコ・ストラーチとゴールキーパー・コーチ・クラウディオ・フィリッピを練習をし、ゴールキーパーがどういうものかと洞察し続けています。

      「私は毎週、毎日練習しプレーをし続けます。
      ジジとマルコに続く第3キーパーであることは大きな責任になります。
      なぜなら、もし彼らが出られない場合に備え準備をしなければいけません。
      互いを支え、フィリッピの下でしっかり動き結束があります。

      フィリッピは常にボール動かし、ミスをさせません。
      選手が完璧ではないセービングを下場合、彼は2度3度やり直しをさせます。
      ジェノアのスピネッリと並んで、私にとってこれまで最高のゴールキーパー・コーチです。」

      ユベントスはセリエAで2位ローマとの勝ち点14点差のアドバンテージを広げたが、ルビーニョはエンポリとの来週の試合でのシーズン・クライマックスへ集中しました。
      「リーグで上手くやっていて、追いかけてくる下位に対しアドバンテージもありますが、このリードをキープし続ける事が重要です。

      「エンポリ試合は、良い試合になるでしょう。
      エンポリはホームとアウェイでしっかり戦います。ですので油断なく試合に臨む必要があります。」

      ルビーニョはユベントスが98年以来初めてヨーロッパでの大会でモナコに挑む事になった、チャンピオンズリーグ準々決勝抽選に関して話し終わりました。

      「ここまでの全てのハードワークのおかげで素晴らしいチャンピオンズリーグを、我々は楽しみました。
      次は、モナコとの対戦です。それは、アーセナルをノックアウトした強いチームとの重要な試合です。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK