15.06.2015 04:05 - in: チーム S

      Saturday’s international round-up

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      サミ・ケディラのドイツ代表は、7-0でジブラルタルを破り、パトリス・エヴラとポール・ポグバのフランス代表は、アルバニアとの親善試合に敗れ、カルロス・テベスのアルゼンチン代表は、コッパ・アメリカ、パラグアイ戦を引き分けました。

      土曜日の夜、エスタディオ・アルガルヴェでのドイツ代表のジブラルタル戦は、7-0でドイツが勝利し、サミ・ケディラは23分プレーしました。

      昨年のワールド・カップ勝者は、アンドレ・シュールレのハットトリック、マックス・クルーゼの2得点に加えイルカイ・ギュンドアンとカリム・ベララビのゴールでユーロ2016予選のこの試合を勝利しました。

      ユベントスと契約し新規加入するケディラは、後半中頃にギュンドアンに替わり出場。ドイツは、4-0でグルジアに勝利したグループD首位ポーランドに勝ち点1点差で2位に付けています。

      他には、パトリス・エヴラとポール・ポグバのフランス代表は、エルバサン・アリーナでアルバニア代表と親善試合を戦いましたが、1-0敗北しました。

      ユベントスの二人は、それぞれ90分と45分プレーしたが、ハーフタイム前のエルギス・カチェのフリーキックが決まり、レス・ブルースは盛り返す事がきませんでした。

      それから、土曜日のコッパ・アメリカ・グループB、カルロス・テベスとロベルト・ペレイラのアルゼンチン代表対パラグアイ代表は2-2で引き分けました。

      セルヒオ・アグエロとリオネル・メッシのペナルティーキックで早々のゴールで前半アルゼンチンはリードしました。

      しかし、60分にネルソン・アエド・バルデスのロングシュートが決まり、アディショナルタイムでルーカス・バリオスが同点弾を決め、パラグアイは引き分けに成功します。
      ペレイラは出場が無かった物の、テベスは最後の15分を交代出場しました。

      ワールド・カップ準優勝チームは、水曜朝1:30(CEST)にラ・セレナでディフェンディング・チャンピオンであるウルグアイと対戦し、開幕戦の失望を挽回しとうとします。

      今夜、2人のユベントスのプレーヤー。ステファン・リヒトシュタイナーのスイス代表とアルバロ・モラタのスペイン代表がユーロ2016年予選を戦います。

      スイスは、来年のトーナメント出場に向け20:45にLFFスタジアムでグループE4位のリトアニア代表と戦います。

      一方、ヨーロッパの選手権大会王者スペイン代表はボリソフでベラルーシ代表と戦い、現在グループC首位のスロバキア代表を追いかけます。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK