16.06.2015 12:00 - in: チーム S

    Sport and culture wrap up Trezeguet’s trip to Africa

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ユベントスとユネスコは、マリのASレアル・バマコ・フットボール・クラブ、ナショナル・ミュージアム、写本保存センターそして国民和解総務国大臣ザハビ・ウルドシディ·モハメド宅を訪問し、アフリカで彼らの滞在を終わります

    スポーツと文化はユベントスとユネスコの計画の2つのメインテーマでした、そして、5日間のアフリカ滞在の最終レグとなりました。

    ユベントス・レジェンズのリーダー、ダビド・ドレゼゲとユネスコの対外広報及び副会長のエリック・ファルト氏による主導委任は、日曜日の朝、旅の段階として1960年に設立され、現在マリのフットボールのトップとして運営されているクラブであるASレアル・バマコのアカデミー訪問を開始しました。

    トレゼゲは既に、このクラブで最も輝かしい出身者である元アフリカ年間最優秀選手賞であるサリフ・ケイタに会いチームの歴史への洞察を得て、昨晩と今、彼自身にアカデミーを紹介されました。

    ケイタが60年代に地元のグラウンドでプレーしてから、287人のプレーヤーのトレーニングに対応するために少しの変更がありました。
    会長のディアディエ・トゥーレは、彼とスラッフが毎日スムーズに仕事が行なえるためにクラブを維持するための課題に直面しています。

    ユベントスの白黒ストライプのユニフォームを着て、音楽を演奏し、伝統的なダンスを行なう約200人の群衆は、トレゼゲが見学した様に美しい試合に対する本当の熱意です。

    訪問を理由を説明し、ファルト氏は話しました。
    「ここで働くスタッフは厳しい状況ですが、我々の目的と明らかに類似した目的があります。
    彼らはフットボールが非常に重要であるということを知っています、そして、役に立つツールとしてクラブで若者に教育を与えます。

    我々がマリの主要なフットボール・クラブの1つと連帯を示し、ユベントスとユネスコの協同事業と多くの類似点を持つプロジェクトを彼らが行なっていることは重要です。」  

    マリのフットボールの歴史から国自体の歴史まで、バマコのボタニク庭園にある国立マリ博物館は、代表団の日曜日のツアーの次の訪問地になりました。

    当初1953年にスーダン博物館として開館したが、1960年の独立後、現在の名前に変わり、楽器、絵、服装と歴史を通して国の数々の人種集団と関係する儀式物の展示を通しマリ文化を守ることを目的に開かれました。

    代表団の訪問したサヴァマDCI NGOの本部は、古文書の保存によってイスラムの伝統を守る為のプロジェクとの道をつくりました。

    2012年4月に反乱軍の最初に被害にあい10ヵ月の占領があった歴史的な都市トンブクトゥから、大多数の写本が発信されました。

    ユネスコが登録した世界遺産の人工産物そして、破壊された像と燃やされた州のアーカイブから貴重な中世の写本が盗まれました。

    しかし、反乱軍は、司書が対立で疲弊した北から離れ安定した南で11世紀までさかのぼっているテキストを秘密に持ち込むという特別な努力が行われていたということを認識していませんでした。

    トンブクトゥにあるの95パーセント以上のストック、献身的活動は400,000以上の写本が取り戻され、そして、トレゼゲとファルト氏はボランティアの一連の実際的な行動のおかげでこれらの極めて貴重な文化的な作品の復旧への激務と献辞を目撃しました。

    ヨーロッパへの帰還の前にもう一つの重要な訪問をおこないました。
    マリの国民和解総務国大臣ザハビ・ウルドシディ·モハメド宅を訪問し会食を行い、ユベントスとユネスコの仕事弱い立場の人を援助を続けることができるという望みを示しました。

    出発前にトレゼゲは、アフリカでの前向きな個人的な経験を振り返り、社会的な再包含プロジェクトが力をつけ続ける事を確実にするように市民の支持を頼むように話しました。

    「独特の経験になりましたし、私は中央アフリカ共和国とマリの歴史を知る機会を本当に楽しみました。
    ここの人々と話し、彼らの問題は我々だけのものではないと理解し、すべてを展望に入れます。

    プロジェクトと進展を見ることが、ユネスコとの我々の協力で違いを生じることができることに気づいています。
    個人的に9月8日にボカ・ジュニアーズとユベントス・レジェンズの試合でファンを誘いチケットの売り上げで大きな問題への資金を集めるのを手伝いたいです。」

    フォトギャラリー

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK