29.05.2015 10:56 - in: チーム S

    Sturaro: “Barca? We’ll give it everything we’ve got”

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ストゥラーロは、来週のチャンピオンズ・リーグ決勝へ目を向けます。「バルサには世界でもベストの選手が何人もいます、だからといって自分達が負け犬だとは感じません。チームの為に互いを助け合い強く団結すれば、差を埋める事が出来ます。」

    ステーファノ・ストゥラーロは、オリンピアシュタディオンでのチャンピオンズ・リーグ決勝でリーガ・エスパニョーラ・チャンピオンのバルセロナとの対戦で、国内2冠を達成したユベントスに負けるものは無いと信じています。

    冬の移動ウインドウでジェノアから加入したストゥラーロは、経験があまりないもののヨーロッパのステージで戦えるという素晴らしい評価をユベントスの評価と共に得ました。

    Sky Sportにストゥラーロは話しました。
    「私たちの熱意は非常に高いです。
    持ち帰る事が出来た2つのトロフィー勝利後、私たちは決勝へ向かいます。

    もちろん少し不安があります。なぜなら、何人かの選手達にとってこのような試合はキャリアの中でも殆ど経験がないからです。
    しかし、事実、幸運な事に私たちには、この瞬間を過ごした事があり、少ない経験を助ける事ができるチームメイトがいます。」

    予選リーグ、グループAで厳しい戦いを強いられ、ユベントスはなんとか決勝進出し、ボルシア・ドルトムント、モナコそしてレアル・マドリードに勝つ事ができ、2003年以来初めて決勝進出を果たしました。

    そして、ヨーロッパでの夢への最後の障害となるルイス・エンリケの選手達を、イタリアの貴婦人の今シーズンの特徴である「チームの強い団結」がベルリンでカタロニアの巨人を破るための鍵となる事を証明するとストゥラーロは言います。

    「私たちが決勝進出したという事実は、バルサと同じレベルにいることを示しています。
    バルサには世界でもベストの選手が何人もいます、だからといって自分達が負け犬だとは感じません。

    試合は0-0で始まり、私たちは、私たちの持っている全てを出します。
    チームの為に互いを助け合い強く団結すれば、差を埋める事が出来ます。」

    マッシミリアーノ・アッレグリ監督が5月頭のレアル・マドリードとの準決勝ファースト・レグでストゥラーロのチャンピオンズ・リーグデビューを選択した際、2、3のメディアは懐疑的でした。しかしストゥラーロのパフォーマンは正しい事であったと証明しました。

    サンレモ生まれのスターはトリノでのレアル・マドリード戦で中盤を支配する事を助けただけでなく、積極的に攻撃を仕掛けるハメス・ロドリゲスのゴールを防ぎました。

    「私たちが試合へ準備を始めた時、私は2、3日早くプレーしていました、しかし監督は特に私に何も言いませんでした。
    監督は、私がどんなプレーが出来るかわかっているので、私を連れてきました、そして、私はそれほどギアを上げる必要がありませんでした。」

    タックルを振り返りストゥラーロは、話しました。
    「ブロックできたのは偶然でした、それに運もありました。
    私は彼が裏を取るのを見て、必死に挑戦しました。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK