06.04.2015 11:25 - in: チーム S

      Sturaro Plenty more to come

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      ユベントス・スタジアムで最初のスタートを切った2-0で勝利したエンポリ戦後、ステーファノ・ストゥラーロは試合を振り返ります。

      ステーファノ・ストゥラーロは、ユベントスのミッドフィールドで完璧にプレーしたエンポリ戦に2-0で勝利し、全ての試合で自分が成長していると言います。

      クラウディオ・マルキジオが欠場した替わりにセントラルミッドフィールダーで出場した、ストゥラーロは1月末にジェノアから移籍してきた以来、ユベントス・スタジアムでの最初の出場を見事に戦いました。

      ミックスゾーンでリポータにストゥラーロは話します。
      「チャンピオンとプレーするチャンスは、簡単にゲームを組み立てる事ができます。
      本当にこの環境好きで、落ちつきます。
      今日で3回目の試合で、自分がより上手くプレーする事ができます。

      自分に票を与えたくありません、それなら私は他の人に与えます。
      一人一人個々の役割を知っていて、それぞれの仕事に集中します。」

      イタリアU-21代表のストゥラーロは、エンポリとのタフな試合を通じてユベントスに対してのエンポリが行ったプレーを賞賛しました。

      「エンポリはペース良く上手くボールを動かしました。
      ユベントスにピンチをもたらして、後半は得点を取りに来ました。
      しかし、ユベントスは2得点目を挙げ、勝ち点3を確保することができました。」

      カルロス・テベスの得点に繋がった間接フリーキックへのプレーでのダニエル・ルガーニに関して話してインタビューを終えました。

      「レフェリーには、ファウルを吹く権利があります。私はルガーニへプレスを彼かけましたので、彼はゴールキーパーへパスを送りバックパスになりました。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK