08.04.2015 03:56 - in: チーム S

    Super Juve sail through to Coppa Italia final

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    アルテミオ・フランキで行われたフィオレンティーナへのセンセーショナルな3-0の勝利により2試合合計4-2でユベントスは決勝へ進出し、6月にナポリ若しくはラツィオのどちらかとコッパ・イタリア決勝戦を行います。

    アレッサンドロ・マトリ、ロベルト・ペレイラそしてレオナルド・ボヌッチのゴールでユベントスが驚くべき逆転劇を完了し、フィオレンティーナからのセンセーショナルな3-0の勝利が、コッパ・イタリア決勝戦進出を決定しました。

    ファースト・レグの2-1のアドバンテージをひっくり返す為に、マッシミリアーノ・アッレグリ監督と選手達は、難しい試合になるだろうアウェイの地フィレンツェへ向かい、逆転劇に成功しユベントスにとって忘れられない夜になりました。

    マトリは21分に1月の移籍ウインドウでユベントスに復帰してから最初のゴールとなる先制点を混戦しているペナルティーエリアの中で冷静に決めました。

    前半終了直前、アルバロ・モラタがシュートを放ち、ネトが弾いたこぼれ球をペレイラが押し込んで追加点。

    58分には、ボヌッチが強烈なボレーシュートを放ち、ネトは止められずこれが3点目に。

    フィオレンティーナは前半と後半にチャンスを作り、3月のユベントス・スタジアムでのファースト・レグで大活躍したモハメド・サラーは、5分に前線でネットを揺らすがステーファノ・ストゥラーロを押してしまいファウルとなり得点は認められず。

    数分後、ジジ・ブッフォンに代わり出場したマルコ・ストラーリは、マルコス・アロンソの危険なファーへのクロスを難なく処理し危険を無くす事でゴールキーパーとして安定感を表しました。

    5分のフィオレンティーナの認められなかったゴール後、ユベントスは徐々に主導権を握り始め、ゴールへ最初の決定機を演出します。
    21分にボックス内でルーズボールを、カルロス・テベスの代わりに出場したマトリが押し込むと、ネトを超え先制点。

    ボール支配率で上回っていたが、37分マティアス・フェルナンデスのフリーキックからのゴンサロ・ロドリゲスのヘディングがストラーリを越えネットを揺らし、ユベントスへ恐怖を与えるも、オフサイドの判定。

    試合はヒートアップし始め、追加点のチャンスがユベントスへ転がる。
    ペナルティエリア近くに流れて来たボールをアルバロ・モラタが素晴らしい右足のミドルシュートを放ちゴールポストをわずかに外れる。

    ハーフタイム直前にもモラタは再びシュートを放ち、こぼれ球をペレイラがダイレクトで押し込み追加点を奪います。

    後半立ち上がりフィオレンティーナは攻勢に出て、マリオ・ゴメスとサラーがゴールを狙うも、ユベントスは落ち着いて処理しをカウンターを狙います。

    マトリがカウンターを仕掛けると、戦術が機能しました。
    ペレイラがボールを受けシュートを放つとネトがセーブし、コーナキックへ。
    コーナキックからボヌッチが強烈なボレーシュートを放つとネトは止めらず追加点。

    モラタは、途中交代で出場したアレッサンドロ・ディアマンティにファウルしてしまい一発レッドカードで退場し、試合終了の笛を聞く事が出来ませんでしが、
    ボヌッチの3点目がフィオレンティーナにとどめを刺し決勝点に、しっかり守備をしたユベントスは快勝しました。

    そしてユベントスは6月7日にナポリ対ラツィオの勝者と刺激的なコッパ・イタリア決勝戦へ向かいます。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK