16.06.2015 06:50 - in: チーム S

    Tests of character!

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    アウェイ、ラツィオ戦とマルメ戦で11月のユベントスのハードルを越えます。

    2014年最後の代表試合期間が11月下旬に終わりに近づき、マッシミリアーノ・アッレグリ監督のユベントスは中断期間前、月初の3連勝を締めくくりようとしました。

    ホーム3連勝からの対戦となったラツィオ戦、スタディオ·オリンピコでユベントスは厳しい戦いを行いました。

    ラツィオは試合開始早々攻勢に出ますが、試合の主導権を掴んだのはユベントス、カウンターアタックでファイナルサードから得点し先制。

     

    中盤のダイナモ、ポール・ポグバの前半中頃の先制点は、カルロス・テベスの素晴らしいパスから生まれ、またテベスは後半、ペナルティエリア端から追加点を奪い、ユベントスのリードを広げます。

    それから、ラツィオは失点を取り戻すため反撃を始めるが、63分ポグバの追加点でこれが決勝点となりました。

    アンドレア・ピルロとロベルト・ペレイラの繊細な動きが、2得点目を奪ったポグバへ素晴らしいボールを送り得点を可能に

    しました。

    セリエAが12試合プレーされた後、ユベントスは勝ち点31を挙げ、3点差で追いかけてくる挑戦者ローマの接近に備え、タイトル・レースへのネジを閉め始めます。

    今年始めの#Tlk2Maxセッションでアッレグリ監督がこのシーズンのベストパフォーマンと言った首都でのリーグ戦勝利は、週半ばのチャンピオンズ・リーグ、アウェイマルメ戦への完璧な備えとなりました。

    そして、スウェーデンで勝利することがチャンピオンズ・リーグベスト16の舞台へ向かう絶対の資格で重要であるとユベントスは知っていました。

    ユベントスが勝利する為にスウェドバンク・スタディオンでの戦いは厳しい面もあり、選手達は立ち上がり苦労したもの後半のプレーから立派な勝者としてイタリアに凱旋する事になりました。

    ハーフタイム後にクラウディオ・マルキジオのパスを受けたフェルナンド・ジョレンテが、マルメのキーパ、オルセンもかわし均衡を破る先制点を挙げます。

    試合終了2分前にポグバからボールを受けたテベスがボックス端からシュートを放つとゴール隅に入りスウェーデンでの勝利を確実にしました。

    オリンピアコスがアトレチコ・マドリードに4-0で敗れたため、ユベントスのチャンピオンズ・リーグ行方は、12月上旬のトリノでのアトレチコ・マドリード戦で決着をつけるを事になりました。

    ヨーロッパでの戦いが一時終わり、次はユベントス・スタジアムで最大のライバルであるトリノとの待ち遠しいデルビー・デッラ・モーレの時になります。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK