03.03.2015 04:35 - in: チーム S

    Tevez disappointed by final outcome in Rome

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    月曜夜のゴールスコアラーテベスは、ユベントスは、勝つ際により成熟を示さなければいけないと言います。「残り20分で相手にさせてしまった事をさせてはいけませんでした。」

    カルロス・テベスは、ローマ戦での衝撃的なフリーキックが相殺された最後の20分のユベントスのパフォーマンスに失望します。

    アルゼンチン人ストライカーは、チームがより強く試合の主導権を握り、特にヴァシリス・トロシディスが後半、退場し数的有利があった事も含め勝利しなければいけなかったと言います。

    ローマでテベスは、メディアに話します。
    「私たちは、70分までは良くプレーしました。しかし、残り20分で相手にさせてしまった事をさせてはいけませんでした。
    私は、とても怒っています。

    私たちは、試合を適切に運びました、そして、私たちの方法が好きでした、しかし、失点後、数的有利があったのに、あのようにプレーをしてはいけません。」

    テベスは、普通プレースキックを蹴っているアンドレア・ピルロに敬意を表しました。
    ピルロがヴィノーヴォで練習している間に近くでフリーキックのテクニックを研究していた事を明らかにしました。
    密接に彼のチームメイトのフリーキック・テクニックを研究することを明らかにしました。

    「私は、ピルロと毎日練習していて、彼のプレーを真似しようとトライしていました
    彼は、まだフリーキックの名手です!」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK