05.02.2015 05:03 - in: チーム S

      Tevez looks ahead to “classic” clash with Milan

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      テベスは、ユベントス・スタジアムで土曜日に行なわれるミラン戦について話します。「他のチームとの対戦とは違います。私達は気を緩めては行けません。私達は全てを出し切らなければ行けません。」

      土曜日の夜、ACミランとのカルチョ伝統の一戦を越えユーヴェはトップに立つ必要があるだろうとカルロス・テベスは、思っています。

      ユーヴェはセリエAで12戦無敗で自身を持ってこの一線に望む一方で、ミランは同時期に5敗と苦しんでおり、その差に悩まされ続けています。
      しかし、歴史的なライバル対決は毎試合、想像がつかない結果に繋がる可能性があります。
      ミランはユーヴェ戦を控えてしっかりと準備をして臨んで来るに違いないと、テベスは言います。

      テベスはJtvの番組『Filo Diretto』でローラ・バリアレスに語りました。
      「私達は、今調子が良くないミランと対戦しますが、それでもイタリア・カルチョの伝統的な一戦です。
      他のチームとの対戦とは違います。私達は気を緩めては行けません。私達は全てを出し切らなければ行けません。」

      フィリッポ・インザーギのチームに勝つ事でユベントスは33回目のスクデットを獲得するための一歩を前進させることができ、それはテベスにとってもセリエAでの優勝は最も光栄な挑戦です。

      「戦術的にもフィジカルでも強いリーグで4年連続タイトルを持ち上げる事は簡単ではありません。4連覇する事で私達は歴史を作ります。」

      トリノで過ごした最初のシーズンを楽しんだ後、テベスは相手ディフェンスに脅威を与え続け、現在得点ランキングトップに立っているのはマッシミリアーノ・アッレグリの戦術が重要な理由だと挙げています。

      「私は、完全に自分を表現し楽しむことができるので4-3-1-2というシステムがしっくりきています。
      私が一番スリルを感じたゴールは、昨シーズンのサン・シーロでのミラン戦でした。どのようにして得点したかについては、パルマ戦のゴールです。」

      「プライドはアルゼンチンにとって大きなインスピレーションで、象徴的な10番のシャツを着ることは名誉です。」
      と言う彼はトリノに到着した最初の日から不安はありませんでした。

      「彼らは、私が10番のシャツを着ることで上手くやることができ、責任を持たせる事ができると知っていたと、私は思います。10番は、ファンとクラブに関係する全員にとって非常に重要な番号です。
      個人的に、ユニフォームを着てユベントスの伝統を守ることは、私を燃え立たせます。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK