25.02.2015 09:41 - in: チーム S

      Tevez: “Still all to play for”

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      チャンピオンズ・リーグ決勝トーナメント一回戦を突破する為に、ユベントスは集中しなければいけないと、テベスは言います。

      ユベントス・スタジアムにて2-1で勝利したが、チャンピオンズ・リーグ決勝トーナメント一回戦ボルシア・ドルトムント戦は終わっていないと、カルロス・テベスは主張します。

      前半13分に先制点を放ったテベスは、準々決勝へ向かう前に多くのサッカーがあり、ノックアウトステージに関係する競争について話します。

      テベスは、トリノでメディアに話します。
      「セカンド・レグはタフな試合になるでしょう。
      チャンピオンズ・リーグで何も起こっていません。
      例え3-0に勝ったとしても、絶対に安全というわけではありません。」

      テベスは、チームの全体的なパフォーマンスに満足していると主張し、満員のユベントス・スタジアムで面白いヨーロッパ・フットボールの価値のある勝利であったと思っています。

      「良い試合でポジティブな結果でした。我々のミスから生じた失点までは、リードしていました。
      追加点を奪い、残りの時間を上手く過ごしました。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK