23.03.2015 10:06 - in: チーム S

      Tevez strikes again as Juve march on

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      カルロス・テベスの素晴らしいゴールが1-0でジェノアから勝利を上げ、ユベントスをセリエAの首位を走らせます。

      カルロス・テベスの素晴らしいゴールが、トリノでの1-0でジェノアから勝利を上げ、ユベントスは2位て勝ち点差17点まで引っぱりました。

      時計が25分を経過した時にテベスは、アウェイ ドルトムント戦に続き、右足から繰り出される魔法の様なシュートをゴールへ納めました。ジェノアのゴールキーパ マッティア·ペランが止めるチャンスも無いほどのシュートでした。

      ロベルト・ペレイラがエリア内でファクンド・ロンカリアによって倒され、テベスは自身の得点記録とユベントスのリードを広げるチャンスを得ます。
      しかし、このPKはジェノアのゴールキーパーがブロックしました。

      ジェノアはその後、試合を振出しに戻る為に激しく攻撃を仕掛けます。
      しかし、ユベントスは今シーズンホームで12勝をインターナショナルブレイク前に挙げ波に乗る事ができました。

      この試合最初のチャンスは、ジェノアに訪れました。
      エムベイェ・ニアンのアウトサイドシュートは、直立したジジ・ブッフォンの横を大きく外れました。
      決定機を与えた物の、10分後にはユベントスが、激しいプレスでジェノアからボールを奪うと、ポール支配率を上げていきます。

      ジェノアは素早く立て直し盛り返し始じめ、ユベントスのプレスに対し、守備を追わせました。

      しかし、耐えるユベントスは、テベスの魔法の様なプレーで25分に均衡を破ります。
      記憶に新しいドルトムントでの2ゴールに続き、テベスはペナルティーエリアの端でボールを受け、どうする事もできないキーパーを抜き、止められないシュートでゴールします。

      そして、ユベントスがリードを広げるチャンスはハーフタイムの笛の前に2つありました。
      まず1つは、フェルナンド・ジョレンテが相手ゴールキーパーの至近距離でヘディングシュートを放ちました。
      そしてジョルジョ・キエッリーニがミドルシュートを放ちました。

      後半早々、ジェノアはメンバーを交代します。
      負傷したペランに代わりエウジェニオ・ラマンナが入り、元ユベントスのフォワード マルコ・ボリエッロがニアンと交代。

      交代したゴールキーパーは直に試練に直面します。ペレイラをロンカッリアがペナルティーエリア内で倒してしまいペナルティーキックに。
      キッカーはテベスですが、ラマンナが低いシュートをセーブします。

      72分、マッシミリアーノ・アッレグリ監督も動きます。
      ドルトムント戦にも同行していたシモーネ・ペペとアレッサンドロ・マトリを投入します。

      ジェノアから冬の移籍でユベントスに復帰したマトリは直に得点機会を作りました。ペペのフリーキックにマトリは反応しますが、キーパが防ぎました。

      ジェノアはスコアを同点にするために試合終了直前に2、3のチャンスをつかみます。しかし、ディエゴ・ペロッテイの決定機はアンドレア・バルツァッリの素晴らしい守備などで、ユベントスは無失点で重要な勝ち点3を掴み取りました。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK