30.05.2015 03:33 - in: チーム S

      The saddest day

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      ヘイゼルから30年が過ぎました。ユベントス・フットボール・クラブは、この悲しい日に悲劇の犠牲者を追悼します。

      1985年5月29日、私たちの歴史で最も悲しい日。

      この日はピッチの上で興奮、祝賀そして緊張が表現される日であると思われていた。
      それは、悲劇となりました。

      39人の罪のない人達は、この夜、命を失いました。
      39の家族は、私たちが想像することさえできない痛みに、永遠に悩む事になりました。

      その夜の出来事は、至る所でフットボール・ファンの思い出に焼きつけられます。
      テレビの前に座り観戦しブリュッセルへ行かなかった人も、その頃幼かった人も、また、生まれてもいなかった人にもです。

      30年は経ちて、現在、私たちは記憶を辿る事ができるだけです。
      ユベントスは、ヘイゼルの犠牲者の家族会に参加し礼拝を行ないます。
      そして、その礼拝はトリノのグランマドレ・ディ・ディオ教会で中央ヨーロッパ夏時間19:30に行なわれます。
      ファースト・チーム、コーチ陣とフロント・スタッフの全員が、出席しています。

      ユベントスはブリュッセルでの公の式典の一部でもあります。それは、Jミュージアム館長のパオロ・ガリンベルティとセルジオ・ブリオが代表して出席します。

      ジャンルカ・ペソットとマッシモ・ボニーニは、クラブを代表してリバプールでの礼拝に出席します。

      ユベントスのSNSアカウントのカバー写真とフェイスブックと本記事は、犠牲者を追悼します。

      残りは、黙祷します。
      彼らの記憶を守ること。
      彼らの家族に快適さをもたらすようにすること。  
      もう一度、ストレスで下品な悪態が長年従属させてしまった事は、これを最後に止まります。
      狂気的な似た様な悲劇が繰り返されてはならないことを明らかにすること。
      決して再び起きてはいけません。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK