13.06.2015 07:29 - in: チーム S

      The story of the 2014/15 season: An explosive start!

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      新監督であるマッシミリアーノ・アッレグリ監督の下、ユベントスの2014/15シーズンは6試合で6勝という爆発的なスタートで幕を開けます。

      見事なプレシーズンを過ごし、8月の終わりにユベントスの2014/15シーズン最初の試合をベンテゴディでのアウェイ、キエーヴォ戦でキックオフしました。

      そして、ユベントスでのマッシミリアーノ・アッレグリ監督の初めてのセリエAは最高の方向で始まり、7分にマルティン・カセレスのヘディングがビラーギに当りゴールイン。

       

       

      これが決勝戦になったが、キングズレー・コマンの衝撃的なデビュー戦でのパフォーマンスはユベントスの4年連続スクデットへの導入になりました。

      国際試合期間に続いて、アッレグリ監督はユベントス・スタジアムでの初めて指揮をウディネーゼを相手に取りました。

      そしてトスカーナの戦術家は、カルロス・テベスとクラウディオ・マルキジオのゴールで完璧な2-0の勝利を手にし、ホーム初勝利を飾ります。
      アルバロ・モラタが終了間際に出場し、パトリス・エヴラとロベルト・ペレイラと共にユベントスで初出場を果たしました。

      それから、ユベントスはチャンピオンズ・リーグで昨年準優勝のアトレチコ・マドリード、ギリシャ・スーパー・リーグ勝者オリンピアコスとスウェーデンのマルメと同組グループAで戦いました。

      マルメとの9月中頃のトリノでの戦い、前半45分間はユベントスは苦戦を強いられた物の、後半2つの輝き放ちます。
      最初にアサモアからのヒールパスを受けたテベスがゴールを決め、その後テベスはフリーキックを直接決めて勝ち点3を確実にしました。

      次にサン・シーロでアッレグリ古巣ACミランとのアウェイゲームです。元ユベントスのピッポ・インザーギが指揮を執り彼の新しいキャリアのスタートを楽しんでいました。

      しかし、テベスのゴールでユベントスは勝利を確実にし、ミランはユベントスに対し好調を維持することができませんでした。

       

       

      チェゼーナが9月最終週にトリノへ訪れた時、ユベントスの国内3連勝はすぐに4連勝になりました。
      出場する事が出来なかった夏場を耐えたアルトゥーロ・ビダルがPKを決めその後ペナルティーアークから追加点を奪うと試合終了前にステファン・リヒトシュタイナーもゴールを決め3-0で勝利。

      同じスコアは、数日後にベルガモでのアタランタ戦で再現されました。

      テベスの先制点で試合を動かした後、ジョルジョ・キエッリーニが自陣エリア内で相手選手を倒してしまい、PKを与えてしまい、アタランタへ絶好のチャンスをもたらします。

      デニスのPKは、ジャンルイジ・ブッフォンがセーブ。逆に60秒後、ユベントスの2点目に繋がる反撃が行なわれテベスが2点目を奪います。
      また、83分にモラタがユベントスでの初ゴールを奪いました。

       

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK