28.04.2015 05:10 - in: チーム S

    #TorinoJuve, the statistics

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ユベントスはボール支配で上回るが、最終的にトリノに2-1で敗北しました。20年振りにデルビー・デッラ・モーレ敗戦になります。

    日曜日の午後スタディオ・オリンピコでのトリノ戦を2-1で敗北したユベントスは20年振りのデルビー・デッラ・モーレ敗戦になりました。

    前回、1995年4月のダービーマッチ以来の敗退となるユベントスは、アンドレア・ピルロのスペシャルなフリーキックによるゴールで35分に先制しました。

    ベテランのミッドフィールダーは、今シーズンのセリエAで27点目となる直接フリーキックでのゴールになりました。
    これは、シニシャ・ミハイロビッチの記録まであと1点となります。

    前後半、トリノのマッテオ・ダルミアンと元ユベントスのフォワード、ファビオ・クアリャレッラのゴールによる逆転負けとなり、ユベントスは2月の2-2で引き分けたチェゼーナ戦以来の2失点の試合となりました。



    3

    アレッサンドロ・マトリが攻撃と中盤で見せたショートパス数。

    3

    アルトゥーロ・ビダルがセンターで勝利したタックル数。

    3

    今シーズンのセリエA初記録である後半ユベントスのポストにシュートを当てた数。

    5

    シモーネ・パドインがトリノへ放ったクロスの数。また、その人は7つの回復をしました。

    10

    レオナルド・ボヌッチがカットしたロングパス数。

    55.2

    デルビー・デッラ・モーレでのユベントスのポゼッションパーセンテージ。

    72

    95分間を通してピルロに成功したパス数。
    またも4回チャンスを演出し、4回のインターセプトと104タッチ数を記録しました。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK