11.06.2015 05:29 - in: チーム S

    Trezeguet and UNESCO join forces in Africa

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ユベントス・レジェンドのリーダー、ダビド・トレセゲは、ユネスコが行なっている社会復帰プロジェクトを進めるためユベントスとして中央アフリカ共和国とマリを訪問しています。

    ユベントス・スタジアムで行なわれるチャリティ親善試合であるユネスコ・カップの前にユネスコと共にクラブの社会復帰プロジェクトを推進するため、ユベントス・レジェンドのリーダー、ダビド・トレセゲは、アフリカへ旅立ちました。  

    2014年からパートナーシップをユネスコと結び、中央アフリカ共和国とマリでの紛争で影響を受ける子供兵の命を救う助けるための申し立てをし、若者たちへ静かな社会に復帰することができるための訓練を行ないました。

    昨日、トレゼゲは、ユネスコの対外関係や広報の担当アシスタント局長、エリック・ファルト氏と合流し、中央アフリカ共和国の首都バンギを旅し、訪問の最初のステージが開催されました。

    到着するとトレゼゲは、地元当局に迎えられ芸術品や工芸品の学校と戦争の影響を受けたバンギの北部地区の、ボーイ·ラーベのユースセンターへ訪問しました。

    ここで、兵隊になる為に家族から連れて行かれてしまった子供と、戻って来て社会に復帰する為に支援をしている方達にダビドは会いました。

    6月12日金曜日に、代表団はマリの首都バマに向かいます、そこで、戦争と対立に影響を受ける国にに望みを戻すために、休む事無く働く機関を訪問することになっています。   

    激しく大変な旅ですが、ユベントスのより大きな決心でユネスコ共に目的を確立し追求する力を与えます。

    2015年ユネスコ・カップユベントス対ボカ・ジュニアーズでの収益でユベントスとユネスコの間の協力を通し中央アフリカ共和国とマリの子供たちの命を助けるプロジェクトが支持されます。

    予定変更があります。7月18日木曜日の予定の試合は延期され、現在9月8日火曜日に予定されています。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK