12.06.2015 06:20 - in: チーム S

    Trezeguet’s African experience begins

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ユベントス・レジェンドのトレゼゲは、ユネスコに加わり中央アフリカ共和国とマリで5日間チャリティプロジェクトを行ないます。

    アフリカでのチャリティ募金プロジェクトの進捗状況の確認の為のユベントスとユネスコの訪問は、中央アフリカ共和国の首都バンギで、2日間に渡り公式に進行中です。

    バンギ国際空港到着と同時に、現地時間16:30に、ユベントス・レジェンドのリーダーダビド・トレセゲとユネスコ副会長エリック・ファルト氏を含む代表団は地方自治体によって暖かい歓迎を受けました。そして、トレゼゲ、ユベントスとユネスコを特徴とする特別なスカーフを身につけ多くの人々は出来事を祝いました。

    友好的な訪問でしたが、紛争の紛争の時代に武装グループによって動員され家族から話された子供達の集団が直面している困難な状況についてホテルでの公式イブニング・レセプションで説明がありましたあ。

    10,000人以上の子供達が、暴力と栄養失調と相まって、電気が無く不衛生な路上で生活をしており、この変化と不安で若者は暗い未来を過ごします。

    国の国民教育大臣エロイス・アングイマテ氏は、話しました。
    「絶望が自暴自棄につながります、そして、中央アフリカ共和国の若者に将来に対して望みを与えられることが重要です。」

    この望みは、元子供兵に働き方を教え、市民社会に彼らが平和的に復帰できる助けをしようとするバンギの繁華街の周辺で、ユベントスの資金提供による、美術工芸トレーニング施設を提供したユネスコの仕事を通して行なわれます。

    正しく復帰する影響を受けた若者を作りたいというユネスコの願望を繰り返してファルト氏は言いました。
    「教育、教育、教育は誰でも歩む事ができます。そして、中央アフリカ共和国がこの道を歩む援助をユネスコがします。」

    トレゼゲもスピーチを行ないました。
    「私がここ中央アフリカ共和国でユベントスを代表していることは、本当に名誉です。
    私達は、滞在した分だけ将来への支持を続ける見込みを利用します。

    アフリカでの任務としてバンギ繁華街の美術工芸センターという組織のプロジェクトを訪問し、
    2014年からユベントスとパートナーシップを結びユネスコが行った作業はトレゼゲとファルト氏によって引き受けられ直接関わります。

    ユネスコとユベントス・フットボール・クラブは、社会的復帰プロジェクトを推進するために、中央アフリカ共和国において力を合わせます。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK