20.06.2015 10:21 - in: チーム S

      Twelve goals in the space of ten days!

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      1月のユベントスは最初にコッパ・イラリアとセリエAでエラス・ヴェローナと戦いデルビー・デッラ・スカラのライバルであるキエーヴォ・ヴェローナと戦いました。

      3-1で勝利したナポリとのアウェイ戦でサン・パオロでのジンクスを破った数日後に、ユベントスは、2014/15シーズンのコッパ・イタリアへ注意を向けました。そしてこの大会で10回目の優勝に向け戦います。

      エラス・ヴェローナは、1月中旬でベスト16のステージをトリノで戦うも、ユベントス・スタジアムで6-1という大敗で次のステージへ進む事ができませんでした。

      開始5分、2月上旬にMLSのFCトロントへ移籍したセバスチャン・ジョヴィンコがエリア端からフリーキックを直接決めて先制。

      この15分後にロベルト・ペレイラが相手ディフェンダー、ギジェルモ・ロドリゲスをかわしてユベントスに加入してから初ゴールで2得点目をうばいました。

      ハーフタイム前にシュテファン・リヒトシュタイナーの折り返しをジョヴィンコがゴールし、結果は殆ど見えていました。

      3-0のリードも、マッシミリアーノ・アッレグリ監督の選手達は攻撃を緩めません。53分にポール・ポグバがボックス内で追加点を奪います。

      4分後にネネがセットプレーを通し、エラスは1点返すも、エリア内でジョヴィンコが倒されアルバロ・モラタがPKを決め5-1に。

      79分にはキングズレー・コマンが、中央でエリア端から素晴らしいロングシュートを決め6点目奪いました。

      それから、ユベントス完璧な試合内容で試合終了を迎えました。スタディオ・エンニオ・タルディーニでの昔からのライバルであるパルマと準々決勝を戦う事になりました。

      エラスは数日後にトリノに戻りセリエAシーズン折り返しをユベントスと戦いました。

      しかし、ポール・ポグバとカルロス・テベスの前半の2得点でユベントスは、開始7分で2-0としリードを広げます。

      後半ユベントスにチャンスが続き、ジョルジョ・キエッリーニの見事なスルーパスを受けたペレイラが加入2点目を奪います。

      その後、クラウディオ・マルキジオのパスを受けたテベスが、ペナルティーエリアのスペースからゴールを奪い見事な勝利を納めました。

      1月が終わりに近づき、ユベントス・スタジアムで、今シーズン開幕戦となったキエーヴォと再戦しました。

      ローランド・マーランの選手達は、前半ユベントスの攻撃を抑える事に成功するも、後半ポール・ポグバが先制点を奪います。

      ポグバは60分に残留争いをしているキエーヴォの気持ちを砕く先制点をエリア外からこのシーズン4点目となるゴールを左足でアルバノ・ビサーリから奪いました。

      14分後に、2点目が生まれます。ポグバが交代で入ったシモーネ・パドインのパスを受けシュートを放つも、キエーヴォのGKビサーリが阻みます、このこぼれ球をリヒトシュタイナーが押し込んで追加点となります。

      ユベントスにふさわしい勝利と2試合連続無失点となり、2位を追いかけるローマがフィオレンティーナと引き分けたため、ライバル・ローマに対し勝ち点7点差を広げました。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK