22.06.2015 06:51 - in: チーム S

      Two fundamental games!

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      ユベントスは、ローマとのセリエA首位直接対決前に、ボルシア・ドルトムントとのチャンピオンズ・リーグベスト16を戦います。

      2月下旬を振り返ると、ユベントスはボルシア・ドルトムントとローマとの対戦があり、これは2014/15シーズンの潜在的に重要な週を意味しました。

      チャンピオンズ・リーグのノックアウト・ステージまで安定した戦いをしてきた後、ベスト16で過去7度対戦歴があるドイツのボルシア・ドルトムントとユベントスは戦いました。

      ユベントス・スタジアムで行なわれたファースト・レグ、13分にカルロス・テベスが先制点を挙げ、ユベントスは順調にスタートします。

      最初アルバロ・モラタのドライブシュートは、ローマン・ヴァイデンフェラーが触れるもこぼれ球をテベスが空のゴールに押し込みます。

      しかし、ユルゲン・クロップのボルシア・ドルトムントはちょうど5分後に同点にします。マルコ・ロイスがボールをジョルジョ・キエッリーニから奪い、ジジ・ブッフォンとの1対1を制し同点にします。

      そしてスコアは更に動きます。ユベントスはこれまでに印象的なプレーを残していたモラタがポール・ポグバの左からのクロスをとらえ追加点を奪いました。

      後半に入ると、チャンスは両チームに訪れましたが、ロベルト・ペレイラは後半開始4分の左足から放たれたシュートはポストに当たりモタラにクリアされました。
      のストライキをドラッグしました。

      ホームでアドバンテージを築く事ができなかったかが、この対戦を通しマッシミリアーノ・アッレグリ監督の選手達が示した成熟と決心は、ヨーロッパのエリートとまだまだ戦うことができることを示しました。

      ユベントスが勝負を終わらせるためにヴェストファーレンシュタディオンへ向かう前に3月のスタディオ・オリンピコでセリエAのタイトルを争うローマとの上位直接対決が控えているために、注意はセリエAに向きました。

      試合開始時に勝ち点9差で挑む両チーム、、シーズンがクライマックスへ近づく中、ローマはスクデットを獲得するには勝利が必要でした。

      試合開始立ち上がり、首位を争う両チームの中盤の争いで、常に厳しい争いになりました。

      そして、スコアレスで折り返した後半に魔法の様な瞬間がこの均衡を打開するには必要になり、64分にその瞬間をテベスが提供しました。

      ボックスの端でヴァシリス・トロシディスがアルトゥーロ・ビダルを倒してしまいフリーキックに。これをテベスが直接狙い、モルガン・デ・サンクティスは動けずゴールインとなりました。

      しかし、14分後にローマは同点にします。交代で入ったアレッサンドロ・フロレンツィのセットプレーからノーマークのケイタが頭で合わせて1-1に。

      このまま逆転をローマは狙うも、ユベントスの力強い守備陣は攻撃の波を弾き続け反撃を許しませんでした。

      主審の終了の笛がなり残り13試合で勝ち点9差のアドバンテージでセリエA首位をキープする事ができユベントスは微笑みました。
      4年連続スクデットは、より近づいていました。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK