07.05.2015 05:51 - in: チーム S

    Vidal and Sturaro analyse UCL victory

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    中盤のコンビは、トリノでの2-1で勝利したチャンピオンズ・リーグ準決勝レアル・マドリード戦ファースト・レグを振り返ります。

    激しい中盤の争いを見事に戦ったアルトゥーロ・ビダルとステーファノ・ストゥラーロのコンビは、トリノでの2-1で勝利したチャンピオンズ・リーグ準決勝レアル・マドリード戦ファースト・レグを振り返ります。

    まずミックスゾーンでビダルが話しました。
    来週サンティアゴ・ベルナベウでのセカンド・レグでもう一度戦うようユベントスへ望んでいます。

    「チャンピオンズ・リーグで勝利するための考えが頭の中にあります。
    ホームでの勝利の結果で、私たちは決勝に1歩近づきました。

    マドリードへ行って試合をコントロールします。
    準決勝は常に2試合戦いますが、私たちは最初に勝っただけです。」

    ストゥラーロは、この試合のキックオフがチャンピオンズ・リーグデビューになりました。
    彼は緊張していましたが、試合開始の笛で緊張も直に消えたと話します。

    「以前にも話しましたが、今日私は、より早くプレーしました。
    最初少し緊張し不思議な感じがしましたが、ピッチに足を踏み入れた頃には直に緊張が消え、直に雰囲気に慣れました。」

    90分試合を振り返り全員で2008年以来のレアル・マドリードからの勝利のためのユベントスの忍耐をストゥラーロは称賛しコメントを終えました。

    「良くレアル・マドリードに対し常に警戒していました。
    他の選手と同じ様に役割があったとしたら、アルトゥーロは、私とマルキジオのヘルプに回りました。

    我々は奮闘しました、レアルには素晴らしい選手がいましたが、深く戦い勝つ事ができました。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK