03.02.2015 04:05 - in: チーム S

    Welcome back, Alessandro!

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ストライカー・アレッサンドロ・マトリは、本日レンタル移籍契約の変更後、2度目の白と黒のストライプでの任務を開始します。

    アントニオ・コンテ監督の下、ユーベで2度のスクデットに貢献したアレッサンドロ・マトリは、シーズン終了まで今日の午後(イタリア時間)公式にレンタル移籍契約でユベントスに復帰することになりました。

    ミラン、フィオレンティーナそしてジェノアを経てこの30歳のストライカーは、セバスティアン・ジョヴィンコに代わり、マッシミリアーノ・アッレグリに経験豊かなオプションを提供します。
    マトリはアッレグリのやり方に慣れています。前所属チームから3度目のトスカーナの戦術家との仕事になります。
    2013年夏にミラノで、その前、最初はカリアリでマトリとアッレグリは一緒に働きました。

    最初、ユーヴェがマトリに注目したのは、サルデーニャのストライカーとしてのプレーでした。
    2011年の1月の移籍ウインドウが開かれた時に、ユーヴェはカリアリに対してレンタル移籍の契約を申し込みました。
    トリノでのイタリア・ダービー、インテル戦の前の週、スタディオ・サンテーリアでの前所属チームとの3-1で勝利した対戦で2得点をマークしすぐにファンに慕われました。

    16試合9ゴールを記録した2011/12シーズン、3トップの一人としてコンテは、ミルコ・ヴチニッチ、シモーネ・ペペと共にマトリを選び、ユーヴェがミランを追い抜きスクデットを獲得しました。
    他にもグラスゴーのパークヘッドでのチャンピオンズ・リーグベスト16のファーストレグ、3-0で勝利したセルティック戦で勝利に貢献する得点をマークしました。

    二度目のスクデットとイタリア・スーパーカップを同時に獲得した黒と白のストライプを着た最後のシーズン、2013年にマトリはプロになった最初のクラブミランに戻りましたが、得点を積み重ねる事が出来ませんでした。
    フィオレンティーナとジェノアにレンタルされていた事で、彼はゴールを決める事が出来るようになり、アッレグリの攻撃のオプションとして広範囲の経験とストライカーの本能を提供するのをマトリは楽しみにしています。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK