04.11.2015 10:30 - in: チャンピオンズ・リーグ S

    #BMGJuve スタッツ

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ユベントスが激しく戦い引き分けた火曜日夜アウェイ、ボルシア・メンヒェングラートバッハ戦のスタッツ

    9月にアンドレ・シューベルト監督が就任し、ボルシア・メンヒェングラートバッハは、ハイプレスサッカーを行うようになり、このユベントス戦でのスタッツは、試合中、ユベントスを圧倒していた事を示しています。パス数で(279回に対し670回)と2倍以上の本数を完了し、タックル数もほぼ4倍(6回に対し22回)を記録した。

    ビアンコネリの53分のエルナネス退場後、10人でプレーする歪みから、ボルシアのポゼッション率は、前半の60.6%からハーフタイム後80%まで増加しました。
    わずか30%のポゼッション率は、白と黒を着た選手達の今年最も低い率でした。

    ピッチ上の平均ポジショニング

    ボルシアは、信じられないほどコンパクトに戦い、34.6mと深く離れていたのはディフェンダー、アルバロ・ドミンゲスとストライカー、ラファエルで、ディフェンダーはジジ・ブッフォンの前でのラインで5.7mを走り、マッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームは長い期間で後方で戦う事になった。

    激しいディフェンスを課されて、ユベントスはしっかりと立ちました。そして、相手の63より多い71回の空中戦に勝ち、10回に対し20回のボールをインターセプトしました。また、ボルシアの4倍の60回のポゼッションを取り返しました。

    ユベントスは、44分のゴールで同点に追いつきました。得点したシュテファン・リヒトシュタイナーは、29試合目のチャンピオンズ・リーグで初めてのゴールとなった。

    ポール・ポグバは、完璧な浮き球のパスを送りリヒトシュタイナーの右バックからの素晴らしいボレーシュートへのアシストとなり、ポグバは4つのチャンスをこの試合で作り、ヨーロッパのトップクラブの大会で個人記録になった。

    しかし、この試合の傑出したパフォーマンスは、ブッフォンが行ないました。ボルシアのヤン・ゾマーよりも4本多い、ラルス・シュティンドゥルの決定的なヘディングシュートブロックを含む6回のセービングを記録した。

    全ポゼッション、ボルシア(19)の相手陣地ボックス内でのタッチ数はユベントス(18)よりも1つ多かった

    しかし、面白いことに、大多数のボルシアのシュートは、ペナルティー・エリアの外(21中17本)から放たれた。そして、それはゴールへの距離を保ったユーヴェの素晴らしい守備の証拠です。

    実際、グラードバッハの1攻撃関連のスタッツは有利でなかったのは、ペナルティーエリア内でのシュート数です。(ユーヴェ9回に対し4回)

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK