27.11.2015 19:49 - in: チャリティー/CSR S

      「色?何の色?」パリのユネスコで公開

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      国際的なフットボールのレイシズムと差別への最初の研究は、アンドレア・アニェリ、ユベントス会長とイリナ・ボコワ、ユネスコ事務局長により、世界へ誇りをもって提示されます

      ユベントスとユネスコは、今日の午後、国際的なフットボールにおいてのレイシズムと差別についての最初のレポートを公開しました。

      ユベントスが資金を提供し、パイオニアとなる84ページの「色?何の色?」と表題された資料、社会的偏見が負の影響を強調し、その根絶の為のソリューションとして試合を提供します。

      クラブが2年間の協力を延長しユネスコと共に働く事を再確認した日、バリアを壊す際に本当に重要であるレポートの可能性を強調する事に、対外関係・広報担当のエリック・ファルト事務局長補は記者会見を開きました。

      ユネスコのパリ本部で、ファルト事務局長補は話しました。
      「レポートは社会参加と統合へ向けたフットボールの力の証明で、簡単に勧める事ができる措置を提供します。ユベントスは、通常の政府間組織としてことはできないであろう、観客に手を差し伸べることを私たちに可能にします。サッカークラブとの仕事を非常に誇りに思います。」

      多くの繋がりと、影響する美しい試合の概念は、イリナ・ボコワ、ユネスコ事務局長によってもたされました。そして、スポーツが提供しなければならない基本的な社会的価値を概説しました。

      「フットボールはプレーされ、観戦され、世界中の男性と女性に愛され、スポーツ以上の物です。人類の最高を表し、人々をまとめる独特の力があります。そして、尊敬と寛容性をつくります。

      残念なことに、国際試合で、そしてローカル・グラウンドで、我々は差別と狭い了見のエピソードを目撃しました。これは、単純に受け入れがたいです。レイシズムと差別との戦いは、70年間ユネスコの中心にありました。

      フットボールがスタジアムの敷地の向こう遠くに寄付金を運ぶと、我々は思っています。
      世界で最も多様なスポーツで、厳しい実力主義とフェアプレーと規律によって動いています。それは、社会参加、男女平等と若者権利拡大の他に類のない伝達手段です。

      「そうなるには、求める事とと統一を必要とします。これは、ユネスコと世界で最も多くのメダルを獲得したクラブの1つであるユベントス間の協力の後の精神です。」

      アニェリ会長がユベントスの一部であることを誇りに思っており、彼は他のスポーツへも、レポートのリサーチ結果に応じ行動したいと考えています。

      会長は以下のように述べました。
      「このレポートを発表するために今日ここにいることは、明らかに光栄です。非常に簡単な方法でフットボールにおいてのレイシズム問題を議論します。
      我々は問題の本質は強調はしておらず、実際に進むべき道を示しています。

      これは、国際的なフットボールでのレイシズムと差別と戦うための処置についての初めてのレポートです。
      最もこれらの社会現象と戦うために出来る事へユベントスは行動をしなければなりません、我々はすることをするだけです。

      進歩的な我々の役割はこのレポートの配布と認識を最大にし、調査結果を確実にするために他のチームへ働きかけることです、推薦は実行されます。」

      レイシズムと差別という病気がスポーツの世界から全て根絶される前にする必要がある明確な多くの仕事があるが、近年のイタリア移民に関する露出は良い方向に代わり、国の考え方を有効にしていると考えています。

      「イタリアは、統合に対する態度に関し、多くの改善しました。移民者の到着は、国が異文化を理解し、受け入れるのを許しました。それは、相当な前進です。」

      「色?何の色?」完全レポートは、こちらから、Juventus.comの上でダウンロードできます。

      ユネスコとのクラブの継続的な協力について知ってください。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK