09.11.2015 10:00 - in: セリエA S

    #EmpoliJuve スタッツ

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ユベントスが3-1でエンポリに勝利したトスカーナでのスタッツ

    ビアンコネリが今シーズン、リーグ戦連勝を記録し、スタディオ・カルロ・カステラーニで勝利には多くのポジティブな要素があります。

    マッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームは、前回の試合で不足していた攻撃において鋭さをみせ、狙い通りの4本のシュートの内3ゴールを挙げた。

    ちなみに、ユベントスは、エンポリよりも少ないシュート数を記録(12本に対し11本)し、今シーズンのセリエAでの対戦で、ナポリ(13本)ローマ(18本)に続く3番目に高い数字となりました。

    この事実も、ユベントスはエンポリの53.6%よりもボールを所有し、後ろでのポゼッションは更に多く(54回に対し61回)、より高い数のブロック数(14回に対し19回)を記録しました。

    これは、10月のアウェイ、ボローニャ戦(3-1)に続くリーグ戦で2回目となる逆転勝利となり、9月の2-1で勝利したマンチェスター・シティ戦を含めれば3回目の逆転勝利となった。

    勝利はビアンコネリが今シーズンのアウェイで初めて3ゴールを挙げるという新しい要因があったが、マッシモ・マッカローネの先制点は、対戦相手の最初のシュートでの失点が7回目となり不運なスタッツを繰り返しました。

    個人のレベルでは、マリオ・マンジュキッチは、全大会で通算4得点目を奪った。
    クマンジュキッチが得点する試合は、勝利しています。スーパーカップでのラツィオ戦、チャンピオンズ・リーグでのマンチェスター・シティ戦、セリエAアタランタ戦、そしてエンポリ戦です。

    パトリス・エヴラは、セリエAでの通算2得点目を祝いました。因に最初のゴールは、昨年12月の1-1で引き分けたサンプドリア戦のコーナーからのヘディングです。

    一方パウロ・ディバラは、チームの得点チャートをリードし続けます。昨日のゴールは、トリノに到着してから全退会で6ゴール目となった。

    カステラーニでのパトリス・エヴラのプレー範囲

    昨日の試合の他のチームの高い記録は、エヴラの73回のタッチ、レオナルド・ボヌッチの57回のパスとフアン・クアドラードの3回のタックルが、勝利への可能性を作りました。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK