21.09.2015 11:02 - in: セリエA S

    #GenoaJuve:スタッツ

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ビアンコネリは、タイトル防衛に向け、リグリアで力強い試合を行ないました。Juventus.comは、ユベントスの対戦を詳細に観ます

    日曜日午後のリグリア。今シーズン最初の無失点試合、前半ゴール、ポール・ポグバのセリエAでのPK、ユーヴェはジェノアとの過去5試合で4勝目となる勝利を挙げました。

    このプロセスでは、マッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームが火曜日のマンチェスターでのチャンピオンズ・リーグに続き国内でに戦いで公式戦2勝目を記録しました。

    オウンゴールとペナルティキック

    ポール・ポグバの後半のPKは、ポグバのセリエAで初めてのPKとなり、ユベントスにとってキエーヴォ戦の同点弾となったパウロ・ディバラのゴールに続く2度目の物に。
    エウジェーニオ・ラマナのオウンゴールは2014年8月30日のクリスティアーノ・ビラーギのオウンゴール以来最初の物です。

    過去10年でレマナの不運は2チームで3ゴール目となり、2008年11月と2011年4月のソクラティス・パパスタソプーロスとマルコ・ロッシから挙げられ、両方ともビアンコネリの為に勝利を産んでいます。

    堅実な守備、危険な攻撃

    ポグバのPKとボレーは、ジェノアのキーパーのミスを誘いこの試合での脅威となりました。

    マラッシでの全体のバランスの概要

    ジェノアが10人になり、ユベントスはポゼッションを50.2%とし、後半にかなり数字は押し上げられました。両チーム殆ど同数のパスを成功させました。(ジェノア450、ユーヴェ460)、またインターセプトは、ジェノアが18、ユーヴェが15です。

    ビアンコネリの2ゴールに繋がる鍵は他に最も効果的な違いはファイナルサードでの効率と脅威が試合のスタッツに反映されています。

    マッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームは、アーマンド・イッツォの43分の退場後、相手陣地ペナルティーエリアでのドリブルをジェノアより行い、エリア内で効果的な動きは殆ど倍とし、ボックス内で9本のシュートを放ちそのうち3本が枠内へのシュートとなりました。

    ユベントスは、ジェノアに対し攻撃の脅威を与えました。

    個人レベルで、ユベントスの最も一貫しで戦った選手はアンドレア・バルツァッリでした。90分間で4度のインターセプトと7度のクリア、62回のパスを成功させ、イタリア代表のクオリティを示した。

    また、前線ではフアン・クアドラードがこの日メインで攻撃に参加し2度の決定機を作り、4度のドリブル、58タッチ数を実行しました。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK