19.10.2015 11:00 - in: セリエA S

      #InterJuve スタッツ

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      日曜日サン・シーロでのイタリア・ダービー、引き分けのスタッツ

      均衡したイタリア・ダービーの決戦は、2010年10月以来初めて無得点で終わった。5年前の対戦以来、ユベントスがインテルに対しスコアレス・ドローは初で、リーグ戦で勝ち点9を得ました。

      特に後半のパフォーマンスで、ユベントスがサン・シーロでの均衡した戦いで押していた事をスタッツが示しています。そこで、枠内へのシュートの詳細として、ユベントスは90分全体で4本中3本の枠内へのシュートを放ち、これに対しインテルが全体で2本の枠内へのシュートを話、ポゼッションは、50%から57.7%を支配しました。

      マッシミリアーノ・アッレグリ監督の選手達は、パスの成功に関しても、インテルの80.9%に対し84.4%と良い数字を出し、コーナーは (9本対4本) そして中へのクロスは(17本対11本)でした。

      おそらく、昨晩の全体でも最も著しい事実は、下のグラフィックで示されるように、インテルより5回、ユベントスが相手ボックス内で計20回のタッチ数を楽しんだという事です。

      左、インテルのタッチ数。右、ユベントスのタッチ数

      ペナルティーエリア内での危機の相違があり、両チームゴールポストにシュートを当てました。ポストに直撃したサミ・ケディラの69分のシュートは、ビアンコネリが2015/16シーズンで5回目のゴールの枠に当てたシュートとなり、パレルモと不運な記録と並びます。

      クラウディオ・マルキジオのポジティブな復帰がありました。ピッチ場のフィールドプレーヤーで相手陣地で93.5%と最高のパス成功率を誇りました。

      それはクラウディオMarchisioに対するポジティブな返報でした。そして、その人は外野プレーヤー(93.5パーセント)を始動しているすべての反対ハーフで最高のパス完成率を誇りました。

      ポール・ポグバは10回、ポゼッションを取り返しピッチ上の他のどの選手よりも多い数字を残し、ファン・クアドラードは右サイドで絶え間ない脅威であり、ゴールに結びつくチャンスを5回と最多回数を記録し、最も多くのクロス9回を放ち、89回の最多タッチ数を残しました。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK