22.10.2015 11:00 - in: チャンピオンズ・リーグ S

      #JuveBMG スタッツ

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      チャンピオンズ・リーグ、引き分けに終わったボルシア・メンヒェングラートバッハ戦の事実とメインデータ

      ファイナル・サードでの精度不足以外、多くのシュートがあったのがチャンピオンズ・リーグ、ボルシア・メンヒェングラートバッハ戦のスコアレス・ドローの基本的なストーリーです。そして、セビリャとマンチェスター・シティに敗北し大会を始めたメンヒェングラートバッハは、この大会初めての勝ち点を得ました。
       
      全大会で2試合連続無失点と、チャンピオンズ・リーグ11試合連続ホーム無敗をというポジティブな記録をユベントスが提供。マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、エリアで攻撃する際の効率を改善しようと攻撃に関するスタッツに目を向けます。

      22本のシュートをユベントスは90分全体で放ち前半に12本のシュートを放ったがヤン・ゾマーにセーブさせたシュートは僅か2本だけで、試合後のインタビューでの監督の批評を促しました。

      ポール・ポグバは、4回のチャンスを作り、3回ショートパスを成功、10回ボールを取り返し、最終的にとらえどころのない画期的な10本のシュートを放った。

      ポグバがピッチ中央で戦う間、アレックス・サンドロはチャンピオンズ・リーグでビアンコネリのスタートへ、左サイドで多くボールを扱った。フィールド状のどの選手よりも多い94回のタッチ数を記録した。

      しかし、どのスタッツより二十日に優れているのは、ジジ・ブッフォンがユベントスでの最多出場分数をアレッサンドロ・デルピエロ越えレコードブックに名前を刻んだ事です。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK