13.09.2015 00:24 - in: セリエA S

      #JuveChievoスタッツ

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      土曜日夕方、ユベントス・スタジアムでのキエーヴォ戦スタッツ

      土曜日夕方、引き分けのキエーヴォ戦で、ユベントスは多くポゼッション率とシュート数を誇り、25本のシュートは枠へ放たれました。最も、キエーヴォとの昨シーズン1月のセリエAでの対戦で勝利した時と同じ数字です。

      ユベントスは、最大69.5%のポゼッションで826回のボールタッチがあり、相手エリア内に58回のクロスがあり30回ポジティヴな結果が出ています。
      マッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームは、キエーヴォよりも22%高い、88.9%のパス成功率を残しました。

      アレックス・サンドロのデビュー戦は、106回ボールに関わり、ピッチ上でキエーヴォで最もボールに関わったゴッビの54回のおおよそ2倍になりました。
      また、11本のクロスと12回のタックル、4回のドリブルを行いました。
      一方、アンドレア・バルツァッリは、74本と最も多くのパスを完了しました。

      またもう一人の新加入選手エルナネスは、ダイナミックな結果を残し、他の選手よりも多くの3本のシュートを枠へ放ちました。

      最後に忘れてはいけないのは、パウロ・ディバラのゴールです。1月から連続して試合で得点を挙げています。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK