26.11.2015 10:56 - in: チャンピオンズ・リーグ S

    #JuveCity キー・スタッツ

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ビアンコネリは、昨晩の1-0で勝利したマンチェスター・シティ戦でベスト16に到達し、ユベントス・スタジアムでのヨーロッパでの戦いで無敗を維持し、ポゼッションが勝利の全てではないと証明した

    「私達のヨーロッパでの良い形、昨年の決勝から始まり、今シーズンはライバルのマンチェスター・シティとセビリャに勝利し、この大会を非常に快適に過ごしていると示しています。私達は、ヨーロッパでくつろいでいると感じます。

    これは、水曜日夜の1-0で勝利したユベントス・スタジアムでのマンチェスター・シティ戦直前のクラウディオ・マルキジオの言葉です。そして、イタリア・フットボールの貴婦人は、確実にグループD首位をシティから奪い、再びヨーロッパのステージで安定した自身に満ちたパフォーマンスを示しました。

    この結果を受けて、マルキジオとチームメイトが若干の勢いを構築し始めていると言っても問題無いでしょう。昨日の勝利は、ビアンコネリのヨーロッパでの大会で10回目のベスト16進出となりマニュエル・ペレグリーニ監督のマンチェスター・シティに対し、数ヶ月で2勝目となり、全ての大会で4勝目となった。

    試合のビルドアップで議論されてきた様に、引き分けでもユベントスの9回目のUCL出場中7回目のベスト16進出には問題なく十分でした。

    しかし、マリオ・マンジュキッチのチャンピオンズ・リーグ3試合中の2ゴール目(今シーズン、マッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームは、マンジュキッチが得点した試合は全て勝利している)が、勝利を確実とした。

    シティが、90分間ボールを58.9%ポゼッションし支配するが、ユーヴェが直近の8試合でのリードを奪い勝利した戦いと同じ様にマンジュキッチのゴールでリードを奪いました。

    そして、フェルナンジーニョの数本のシュートと終盤のラヒーム・スターリングのプレーを除けば、ビアンコネリは徐々にファイナルサードで自信と脅威を持ち始めたシティに対し注意を払いました。

    ポゼッションを危険でない位置で保つようシティを誘い、賢く数をもって前方へ向かう瞬間を選び、アッレグリ監督のチームは、シティの2本に対して5本のシュートをゴール枠内へ放ち、全部で11本のシュートをシティのペナルティエリア内で放ちました。

    マンチェスター・シティ(右)はハーフウェーラインとユーヴェのペナルティーボックス間で多くのポゼッションが合ったが、ビアンコネリのバックライン後ろには殆ど入りませんでした

    試合の決勝点はもちろん、3週間前からトリノとミランとの対戦で同じ様に決定的なアシストを放ったアレックス・サンドロが、再び3本目となるアシストを提供した。

    アレックス・サンドロのクリエイティブなアシストは、ポール・ポグバ(4アシスト)だけが上回り、ポグバは、マンジュキッチの先制点へ左サイドのスペースからビルドアップを行ないました。

    最後に、ジャンルイジ・ブッフォンとパトリス・エヴラがチャンピオンズ・リーグで100試合出場を達成し、エヴラは、フランス人としてティエリ・アンリに続く2人目となり、昨晩のユベントス・スタジアムでのビアンコネリには祝うための多くの理由がありました。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK