22.09.2015 14:30 - in: セリエA S

    #JuveFrosinone:デルピエロの200ゴール

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ユベントスとフロジノーネは、3度目の試合を行ないます。初対戦は、非常に特別なアレッサンドロ・デルピエロの活躍が記憶されています

    セリエA初シーズンにおいて、このユベントス戦は、フロジノーネにとって歴史的な年になります。

    9年前にこの2チームは初めての対戦として歴史に残り、それはユベントス、とりわけアレッサンドロ・デルピエロにとって特別になりました。
    2006年10月28日セリエBマッチデイ9で、デルピエロはユベントスでの傑出した時におけるもう一つの祝福されたシンボルになりました。

    ディディエ・デシャン監督によって温存されたため、ユベントスのキャプテンはスタディオ・オリンピコの試合には先発出場してはいませんでした。
    ヴァレリ・ボジノフがトレゼゲと攻撃のパートナーとなり、彼らの後ろ、中盤には、マッテオ・パーロ、クリスティアーノ・ザネッティ、マウロ・カモラネージパベル・ネドベドが出場していました。

    1000人以上の印象的なアウェイサポーターに続き、フロジノーネは、南ラツィオから、少なくとも勝点1を奪うために、500分以上のジャンルイジ・ブッフォンの印象的な無失点記録を破るためにトリノに到着しました。両チーム、終了17分前まで思う様に試合を進める事が出来ませんでしたが、ピントゥリッキョの瞬間が訪れます。

    右サイドで広くボールを集め、アレッサンドロ・ビリンデッリはペナルティエリアへクロスを放ちました。
    危険を感じた、フロジノーネのゴールキーパー、マッシモ・ザッピーノがクリアを挑むも、こぼれ球はネドベドの足下へ。

    これをネドベドがシュートを放つも、ポストを直撃。跳ね返ったボールは、ダビド・トレゼゲの膝に当り、ビアンコネリの背番号10へチャンスをもたらしました。
    最初にルースボールに反応し、ユベントスでの200ゴール目を2人のフロジノーネ・ディフェンダーを交わしアレッサンドロはゴールを挙げました。

    このシーズンの5月には、マルセロ・サラジェタが10度目のアウェイ勝利を決定付け、デシャン監督のチームはもう一度勝利を祝いました。

    この対戦では、ベンチからデルピエロの交代で入ったサラジェタが投入1分後、試合終了前に、カモラネージのクロスからヘディングでゴールを奪いました。

    前回と前々回の2試合を経て、水曜日の試合はユベントスの新しいスタジアムで最初の対戦です。
    フロジノーネの歴史に残る試合に間、ユベントスはフロジノーネとの試合で3連勝を目指します。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK