30.08.2015 22:45 - in: セリエA S

      #RomaJuve スタッツ

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Juventus.comは、日曜日のスタディオ・オリンピコでの対戦から鍵となる数字と統計を分析します

      今週ヴィノーヴォで最終号する際、日曜日の2-1でのローマ戦敗戦からポジティヴな部分を取るためにユベントスは振り返ります。

      ローマが68%のポゼッションでボールを支配した前半の後、マッシミリアーノ・アッレグリ監督のチーム、主にユベントスのバックの5人は後半からよりポジティブに試合と向き合いました。

      ミラレム・ピアニッチが61分にフリーキックで先制し、パトリス・エヴラのレッドカードがユベントスを生き返らせ、後半の全体のパフォーマンスは最初より進歩しました。

      最初の45分でユベントスは38%のボール支配をし、試合の最終結果を通しローマのゴールへ襲ったので、試合終了までにポゼッション率は43%まで上がりました。

      守備の部分では、ピアニッチとジェコに失点を許した物の、堅い守備を通しました。41回のリカバーを行いローマよりも成功した勝率64%のタックルを成功させました。

      シュートの少なかった前半、1度だけゴールへ向かうシュートがあり、後半は9本と、ヴォイチェフ・シュチェスニーを試しました。
      そして、そのシュートの一本は、完全にデビューしたパウロ・ディバラのゴールとアディショナルタイムの、辛うじてキーパーが防いだレオナルド・ボヌッチのヘディングです。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK