06.11.2015 11:00 - in: セリエA S

    エンポリ戦に関する10のこと #EmpoliJuve

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ビアンコネリの、歴史上10回目のスタディオ・カルロ・カステラーニでの戦いへ、Juventus.comは、トスカーナのクラブについて知っている10の鍵となる事実を振り返ります
    1) トスカーナの…王子?

    上の写真のクラウディオ・マルキジオは、白と黒のユニフォームを着ていませんよね?

    確実に着ていませんから、画面を調整しないで下さい。
    マルキジオはプロとしての9シーズン中8シーズンを過ごしました。マルキジオの若い時のキャリア、言うまでもなく、ビアンコネリ以外に王子が所属したチームはエンポリです。

    クラウディオは、2007/08シーズンの長期レンタル期間に26試合をエンポリで出場し、翌年のユベントスでのスターティングメンバーとして自身を押し上げました。彼らが言うには、これは歴史です。

    2) ビアンコネロ・コネクション

    マルキジオだけがJアカデミー出身でエンポリでプレーした選手というわけではありません。リヒテンシュタイン代表のマルセル・ビュヘルもです。

    2010/11シーズンのヨーロッパリーグでユベントスとして出場したオーストリアの生まれのミッドフィールダーは、素晴らしい左足のシュートを10月の3-1で負けたローマに対しイタリアのトップでの最初のゴールを挙げました。

    他のビアンコネロ・コネクションは、もちろんダニエル・ルガーニです。
    エレガントなセンターバックは、昨年の2014/15シーズンをエンポリでプレーし、鍵となる選手でした。

    しかし、この若者は、ユベントスでの唯一の出場は、先月2-0で勝利したセビリャとの試合の終わりの出場で、セリエAは未出場です。

    3) マッカローネに得点させないでください

    なぜ?マッシモ・マッカローネが得点した試合、エンポリはセリエAで負けません。7試合に勝利し、4引き分けを記録しています。

    事実、元ミドルズブラのストライカーは、これまでにビアンコネリのネットを揺らしたエンポリの2選手の内の1人です。もう一人は2008年10月にパレルモ時代にグルジアのフォワード、レヴァン・ムチェドリーゼがゴールsいました。しかし、あなたは既にご存知でしょう。

    4) 前線へ大きいフォワードを

    今と日曜日の間でヴィノーヴォでの課題?セットプレーとコーナーキックです。

    今シーズンのセリエA開幕11試合で、エンポリはヘディングから6失点コーナーから4失点しています。これは、マリオ・マンジュキッチ、ジョルジョ・キエッリーニ、レオナルド・ボヌッチに良い情報です。

    パウロ・ディバラとポール・ポグバの3回のPKが2015/16シーズンのユベントスの唯一セットプレーでの得点です。

    5) スーパー・サポナーラ

    マッシミリアーノ・アッレグリ監督とコーチ人が今週末対処するべき戦術的な第2の鍵は、エンポリの中盤、プレーメーカーのリッカルド・サポナーラの影響をどう抑えるべきかという事です。

    守備の中心のダニエル・ルガーニは言うまでもなく、夏にナポリへエルセイド・ヒサイとミルコ・ヴァルディフィオーリの様な鍵となる選手を失い、サポナーラはこの期間のエンポリで4ゴールと3アシストを記録し、驚異的な58%のゴールを挙げる役をつとめました。

    チーム最多の28本のシュートと23ドリブルを加え、日曜日午後にエンポリのベンチから、「リッキー得点しろ!」の叫び声が聞こえるのは驚きではありません。

    6) ジャンパオロのビアンコネロの空白

    トスカーナ人監督、マルコ・ジャンパオロ監督は、マウリツィオ・サッリ監督からチームを引き継ぎ、この期間、勝ち点33点中14点を積み重ねたが、ユベントスのと対戦の相性は良くありません。

    それの理由として、ジャンパオロ監督は、監督としてまだビアンコネリに対しポジティブな結果を成し遂げていないという事です。アスコリ、カリアリ、カターニア、シエナで指揮を執った期間の7試合のユベントス戦で全て負けています。

    7) エンポリの不運をもたらすユーヴェ

    16,800席のスタディオ・カルロ・カステラーニは、日曜日に歴史上10回目のユベントスを迎え入れ、エンポリは、1987年9月と1987年9月に1ゴールを挙げ、2勝を記録しています。

    それらの2勝利はさておき、エンポリのタフなユーヴェ戦は、13敗を記録し、2チームがパスを越えて15回のチャンスで、3引き分けを記録しました。

    ほぼ1年前、アルバロ・モラタとアンドレア・ピルロの素晴らしいゴールをトスカーナへのユーヴェの最後の旅を覚えているかもしれません。

    8) リードさせてはいけません!

    得点後に最も弱い古い決まり文句を覚えていますか?

    それは厳密に事実ではないかもしれないが、少なくともある程度の真実のスタッツとして、エンポリは、今シーズン唯一未勝利のエラス・ヴェローナより多くポイントを奪いポジションを奪った。

    カルロ・カステラーニで彼ら自身の不必要なスタッツを追い払おうとビアンコネリは見ています。そしてすべての競争で、対戦相手の最初のシュートで7失点を許しています。

    9) ユーヴェは早々に得点する必要がある

    エンポリは、前線で自身の攻撃を活かす事が出来なかったが、彼らはこの期間、試合の最後の15分でまだゴールを認めています。証明、それが必要であるならば、シーズン前でその全てのハードワークの努力の価値がありました。

    ユーヴェは、2015/16シーズンのでここまで自分自身ネットを開始15分で揺らしていません。

    アッレグリ監督のチームのゴール時間は、疑うより無くハーフタイム直後です。エンポリは、45-65分の間に11ゴールを記録しています。

    10) エンポリの攻撃性

    おそらく、エンポリが、一貫して、固いフィニッシュの背景にある理由の1つは、これまで前75分にライバルを十分に弱くしたという事実です。

    230回のファールは、エンポリにゆだねられ、30回の明確な違反は、セリエAでトップです。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK