07.12.2015 19:00 - in: チャンピオンズ・リーグ S

    セビージャについて知っている10のこと

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ビアンコネリは歴史上2度目のセビリャへ向かう用意をし、Juventus.comはアンダルシアでのチャンピオンズ・リーグ戦前にウナイ・エメリ監督のチームに就いて知っている特定の10のことを取り上げます
    1) 10年の味わい

    セビージャは、2006年のミドルズブラにヨーロッパ・リーグ決勝で勝利するまで、ヨーロッパでのタイトルがありませんでした。
    アンダルシアのチームは、PKでスペインのライバル、エスパニョールに勝利し、2年連続でタイトルを保持し、信じられないことにUEFAが1971年にヨーロッパ第二のカップ戦を設立した時から多くタイトルを獲得したチームになるため、2014年にベンフィカを破り、2015年にはドニプロを破り連続の優勝を確保した。

    セビージャは、2014年に3回目のヨーロッパ・リーグ・タイトルを獲得
    2) チャンピオンズ・リーグの苦難

    ヨーロッパで4連敗のセビージャの現在の進行はクラブ史上で最悪の序列で、これは9月30日にユベントス・スタジアムでの2-0の敗戦から全てが始めました。
    一方、1958年に準々決勝に進出し2008年と2010年に決勝トーナメント1回戦に達したが、ウナイ・エメリ監督のチームは今シーズンのチャンピオンズ・リーグ、グループ・ステージ突破資格を得る事ができないという不必要な先例を作ってしまいました。セビージャがこれまで最悪のパフォーマンスは、プレーオフのセカンド・レグでブラガに敗退した2010年8月です。

    3) ホームの快適さ

    シーズン立ち上がりを忘れるために、エメリ監督のチームは、エスタディオ・ラモン・サンチェス・ピスフアンでの直近のバルセロナとレアル・マドリッドとの戦いを拭くむホーム5試合で最大の勝ち点をラ・リーガで得ました。
    この期間合計7勝のうち、コパ・デル・レイでスペイン2部デポルティーバ・ログローニョ戦だけアウェイでの勝利で、6試合はホームでの勝利です。

    4) イタリア人を楽しませる

    イタリアのクラブは、エスタディオ・ラモン・サンチェス・ピスフアンで昨シーズンの3-0となったヨーロッパ・リーグ準決勝フィオレンティーナ戦(合計は壊滅的な5-0の敗戦)と2005年3月のベスト16のスコアレスドローという記録があり、最高の記録を残していません

    セビージャは、昨シーズンのヨーロッパ・リーグ決勝でフィレンツェで2-0の勝利した

    しかし、パルマは、イタリアでのリターン・レグで1-0でホームの勝利を挙げセビージャに勝利した。マッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームがグループD勝者として対戦に向かうには、十分のシナリオです。

    5) いくつかに勝利し、いくつかに負けます

    セビージャのここまでのシーズンは、勝利をつなぎ合わせることができず、いくつか防がれています。
    バルセロナとの対戦でエスタディオ・ラモン・サンチェス・ピスフアンで驚異的な勝利を挙げ、続くラーヨ・バジェカーノ戦でホームでの勝利で、一度だけなんとか連勝を記録することができました。
    ドローがあったかどうか疑問があるかもしれません、過去17試合で2試合だけで、土曜日の1-1となったデポルティボ・ラコルーニャ戦も含みます。

    6) ゴールは、ウクライナが生み出します

    セビージャが挙げるゴールのチャンスはイェウヘン・コノプリャーンカが手にしています。
    ウクライナ人ウイングは、この期間のラ・リーガで5本のアシストを送り、リーグ戦とチャンピオンズ・リーグで2ゴールを記録した。
    イェウヘン・コノプリャーンカは、7回のゴールに絡む重要な活躍でセビージャの勝利の鍵になっています。

    7) 多い失点

    セビージャは、ラ・リーが開幕14試合で2度しか無失点試合を記録しておらず、様々な点で苦しんでいます。
    国内での失点数は19点とワースト2になっています。固い守備を敷く事の重要性は決して過小評価してはいけません、失点が多いもののバレンシア、ボルシア・メンヒェングラートバッハ、UDログローニョに勝ち続けています。この規則に対する唯一の例外として、開幕アウェイでのマラガ戦ではスコアレスドローでした。

    8) エメリ対イタリア人

    セビージャをヨーロッパ・リーグ連覇に導いたエメリ監督は、ヨーロッパで最も有望な監督の1人と考えられます。
    火曜夜に、44歳の監督はヨーロッパのトップクラブ争いでイタリア対戦相手に対し初勝利を挙げようとしています。9月にユベントス・スタジアムでの彼の最初の試みでは負けることになった。

    ポジティブな面を見ると、2009/10シーズンのヨーロッパ・リーグ・グループ・ステージ、ジェノア戦でバレンシアを勝利に導き、アンダルシアのチームのためにペニンシュラのチームに最大の勝ち点を表します。

    9) ポゼッションは問題無い

    今シーズンのチャンピオンズ・リーグでのセビージャは奮闘したとすれば、ポゼッション不足ということは確実にありません。グループDでの5試合で1試合で平均54%を記録しました。
    実際、ユベントス・スタジアムでの敗北は、46%と少数であった唯一の試合でした。
    アンダルシアのチームは2,170本のパス数という276本もビアンコネリよりも多いパスを完了し、ゴールへ、彼らはゴールへ7本のシュート中6本を枠へ放った。
    言うまでもないことだが主要な問題は、この期間の11失点中アッレグリ監督のチームによって2失点を記録した。

    10) 元ビアンコネリ2選手の話

    夏にユベントスからセビージャへ移籍したフェルナンド・ジョレンテは現在、148分に1ゴールを奪いで3ゴールをラ・リーガで記録しチームで2番目に得点をし3アシストを全大会で記録しています。
    しかし、反対にセビージャでジョレンテが鍵となる貢献をした時に勝ち点3を奪う事が出来ていません。(珍しい例外としてレアル・マドリッド戦の決勝点を記録)そしてチャンピオンズ・リーグでは、コノプリャーンカとケヴィン・ガメイが起用され、78分のプレーとなっています。

    ジョレンテは、トリノでの2年間の在籍で、2リーグ・タイトル、イタリア・スーパーカップとコッパ・イタリアを獲得しました。
    インモービレは、チャンピオンズ・リーグの5試合で3試合後半に交代出場しています。

    チーロ・インモービレへのチャンスはさらに不足していました。
    ユベントスのユース・アカデミーでキャリアをスタートし6年前にファーストチームで5試合出場したストライカーはこの期間90分1試合のみの出場となっています。この試合は勝利したコパ・デル・レイUDログローニョ戦で3点目を挙げました。ちなみに、ジョレンテもレアル・マドリッド戦でのゴールを挙げた時に今シーズン唯一のゴールを挙げました。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK